日本の性犯罪はあまりに多く、ただ隠蔽されているだけです。

元記事作者様あなたは悪くない



「日本は性犯罪が少ない」と思われている方々へ。
少ないどころか、あまりに多く、そして隠されていることを、どうか知ってください。

性犯罪が少ない、という根拠として、警察の認知件数を見ていらっしゃることと思います。

ですが、警察は基本的に「強姦神話」とおりのものしか事件として扱いません。
つまり、見知らぬ人による、夜道や自宅侵入、というケースです。
対して、相談機関に寄せられる相談(つまり安心して相談できるところ)では、7割から9割が顔見知りによる犯行です。

内閣府の調査結果がこれを反映しています。他国の事情と何ら変わりはないです。
ですがこれは女性への暴力に関する調査ですので、調査対象に男性が含まれていません。

H18年
http://www.gender.go.jp/dv/pdf060424/h18report2-5.pdf

H21年
http://www.gender.go.jp/e-vaw/chousa/images/pdf/h21report2-5.pdf


法定義が、他国と全くというほど違います。
なので、性犯罪という括りに該当するものが、少なくなるのです。
男性性被害を前提としていない。
夫婦間レイプを犯罪と認めていないこと。

この二つで大きく差がつきます。

さらに、日本は性暴力対策の専門機関が、先進国の中で唯一ないのです。
欧米のみならず台湾にも韓国にもあります。
日本には、性暴力に遭っても、安心して駆け込める場所はありません。
狭い法定義の中でも、本来、性犯罪とされるケースであっても、警察に行くことができない被害者が殆どです。
警察に行ったとしても、直後でなければ受理されません。
さらに、事件としてさえ見なされないケースがあまりに多いです。
正直、警察に行くことはすすめられない現状です。
民間の相談機関もそういった回答をすることが多いです。


よって、警察の認知件数は、ほんの一握りのものしか把握できていません。


警察も検察も司法も、「正義の味方」じゃないという現状  2で、
詳細を説明しています。


その他、警察や検察の実態については、下記の関連記事を見てください。
警察も検察も司法も、「正義の味方」じゃないという現状  1
防犯を呼びかけるのが警察の仕事なのだろうか


以下は、別館のコメント欄にて、まい様から教えていただいた資料です。
・ドイツと日本の性的被害発生率の比較研究(ほとんど差がない
 http://anond.hatelabo.jp/20091109125439

・内閣府の調査ではレイプされたことがある女性の割合は7.3%もあるけどそのうち警察に相談したのはたったの4.1%暗数が96%
 http://www.gender.go.jp/e-vaw/chousa/images/pdf/h21report2-5.pdf

・国によって暗数が違う(米国でのレイプの暗数は60%
 http://www.rainn.org/get-information/statistics/reporting-rates


日本が性犯罪が少ないというのは、大間違いです。
少ないどころか、世界一、性犯罪を隠蔽している国、というのが正確な表現と言えるでしょう。



管理者コメント
「あなたは悪くない」の管理人様のまとめに感謝。ネットでウヨクは事あるごとに日本と、欧米や韓国など諸外国との強姦発生率の統計を引用しては「日本はこんなにも犯罪が少ないユートピアなんだぞ」とでも言いたげな態度をとるが、あくまでもそういうのは警察が認知した件数に過ぎず暗数が含まれていないことや、日本と諸外国とではレイプの法定義が違うことなどを考慮しなければならない。例えば日本では強制わいせつや痴漢に分類されるものなども欧米や韓国などではレイプ犯罪としてカウントされる。

大体、強姦発生率がいかに低かったとしても実際の性犯罪被害者にとっては到底容認できることではないし、泣き寝入りする被害者をこれ以上増やさないようにするためにも日本にも性暴力対策の専門機関が必要だ。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 性犯罪, 犯罪発生率, 統計, 暗数, 性暴力対策,

[ 2012/05/24 ] 犯罪問題