自滅する捕鯨 (オーストラリアの反捕鯨は保守か革新か)

元記事作者様シートン俗物記



既視感のある風景。

・捕鯨めぐり日豪ネット摩擦 YouTube動画にコメント1万5000件(IT media News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/09/news061.html

動画は「白豪主義オーストラリアと反捕鯨」というタイトルで約10分間。豪州の人種差別問題やディンゴ(野犬の一種)の虐殺などについて画像や動画を、英語と日本語の解説文入りで紹介し、「豪州は日本人への差別意識から日本の捕鯨に反対している」などと批判している。


・捕鯨問題で「豪批判」動画 YouTubeで日豪サイバーバトル(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2008/01/08015346.html

動画の内容は、日本の調査捕鯨に猛烈に反発する豪州政府の方針などを痛烈に批判するもので、豪州での人種差別暴動やディンゴやカンガルーといった動物の虐殺映像を使って、豪州人が持つ日本人や捕鯨への「差別」を克明に描いたものだ。

そこでは、人種差別運動の様子、殺されるディンゴ、白人男性がカンガルーの母親のお腹の袋から赤ちゃんカンガルーを取り出して足で踏みつぶす様子、さらには「鯨のフルコース」を注文した日本人男性が銛で刺し殺されるCMなどが流され、「次の犠牲者は日本人ですか?」「豪州は最も多くの動物を殺す国だ」「カンガルー殺しは残酷じゃないの?」といったメッセージが添えられている。


こういう事を忘れたのだろうか。

・「従軍慰安婦」問題 「20世紀最大の人権蹂躙」なのか(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2007/06/27008781.html

この「自爆」行為によって、世界各国での非難決議をアシストする事になったのだが、今回は捕鯨で同じ状況に陥る事となっている。
捕鯨に関しては、拙ブログでも何回か取り上げているので、そちらにも目を通して頂くとして

・「白豪主義オーストラリアと反捕鯨」
http://www.youtube.com/watch?v=e8lvep0-Ii0


の何が問題なのか示していこう。
まず、核心をついてしまうが、
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 捕鯨問題, オーストラリア, 動物, 環境保護, 人種差別, 誤爆・自爆, YouTubeのトンデモ動画,

[ 2012/06/30 ] 捕鯨問題

「パンダはチベットのものであり中国が簒奪した」という主張は事実でなかったようです。

元記事作者様凶悪犯罪増加の誤解を解くページ



「パンダはチベットのものである」「中国はチベットからパンダを奪い取った」と言われますが、
どうやら、この話し、事実ではないそうです。

まず現代の野生のパンダの多くが四川省出身です。
そして、この四川省の半分くらいが元々はチベットの領土で、中国がこれを奪ったといわれてますが、四川省は元々、中国系、チベット系が混在する地でにわかにはチベット側の主張が正しいとはいえないのです。
大体、四川省の省都の成都は三国志の劉備が本拠としたくらい古い中国の都市なのですが・・・
そもそも、チベットの主張する「現代の中国の1/4にも及ぶ大チベット」の領域自体が第三者的に見て正しいかどうかは論議の余地のあるところです。というか正直、チベットが独立するとしても実行不可能な国境線のように感じます。
領土主張などというものはどこの国・民族にでもあるものであり、チベットの主張が必ずしも正しいわけではないのです。
所詮は民族の分布や歴史の経緯など、さまざまな要素で決定されるものです。

確かに現代の中共政権が正しいとは思えませんし、チベットの併合も酷いものと思いますが、
だからといって、チベット側の言う事を全て聞き入れて、このパンダ話しのような怪しい話しを信じ込むのも本末転倒です。


なお、パンダが現代の四川省だけに住むというのはあくまで現代の話であり、
過去には黄河以南に広く分布していたことは化石などからも明らかであり、
長安などにもパンダの痕跡はあるようです。

まあ、かろうじて「パンダはチベットの動物でもある」という主張くらいはありかもしれませんが、
「パンダはチベットの固有種である」とか変な断言をするのは相当に無理のある主張のようです。

この話し自体がチベット政治学の権威と言われるベマ・ギャルボ教授の創作もしくは誤りと思われます。

参考URL
http://panda100.jugem.jp/?eid=70
http://anond.hatelabo.jp/20080510193214
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016408655
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4009685.html
http://www.kodai-bunmei.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=176656

パンダがチベットの固有この動物だと強弁するなら、
なぜ、いわゆる「大チベット」にすら含まれてない陝西省に340頭もパンダがいるんですか?

関連記事

タグ: チベット, 中国, パンダ, 動物, ペマ・ギャルポ, 凶悪犯罪増加の誤解を解くページ,

[ 2012/06/29 ] 中国の民族問題

トンスル、その他の漢方薬関連の無知を基にした嫌韓差別都市伝説の考察

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



最近(でもないか)の嫌韓バカのお気に入りは「韓国人は食糞が文化」などというデマ。

年間250万人の旅行客が日韓間を行き来するこのご時世*1に、そんなデマを信じる奴がいるのかねぇ・・・。とか思うのだが、いるようである。

*1:日本と韓国の間の旅行客数の推移 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/7100.html

今回はホンタク、トンスル、野人乾水、について調べてみた。

(珍説にも記載→珍説24・人糞を食するのは朝鮮の文化|誰かの妄想
関連記事

タグ: 嫌韓, 韓国・朝鮮, 漢方薬, トンスル, ホンタク, 食糞, 文化差別, 民族差別, 誰かの妄想,

[ 2012/06/28 ] 嫌韓の怪情報

大韓帝国の光武改革=日韓併合前の近代化政策

元記事作者様中山グループ(天宙聖法真の王国連合)やお休み派、反対派から帰って来い!!



日本が韓国を植民地支配するときに、それを正当化するためにいろいろな論理がその当時から使われました。

その当時から今にいたるまで非常によく使われる論理が、朝鮮は悲惨だった、自力では到底、近代化できる能力のない国だった、だから植民地支配していいのだという論理です。

自力近代化ができない国は、植民地支配してもよいという論理は正しくないのは、もちろんです。

【 もしも正しいのならば、中華人民共和国のチベット支配や、ウィグル支配も正当化されてしまいます。】

しかしここではその論理が正しいとして、考えてみます。日本の韓国支配は正しかったのでしょうか? 正当化できるものなのでしょうか?

正しかった、韓国にその当時、自力近代化の能力はなかったという主張があります。

その例として、イギリスの旅行家のイザベラ・バードが書いた『朝鮮紀行』もよく引用されます。「ソウルが世界でいちばん不潔な町だと思っていた。中国の北京を見るまでは、そう思っていたといった内容の記述があるからです。


ところが、同じ本の後半はめったに引用されません。

韓国が自力近代化の可能性を示していた部分が記述されているからです。


イザベラ・バード『朝鮮紀行』(講談社学術文庫)の本の第三十六章「一八九七年のソウル」P543~544には次のような記述があります。引用しましょう。読みやすく改行していますが、そのまま引用してあります。
関連記事

タグ: 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 光武改革, 近代化, イザベラ・バード, チベット, ウイグル,

[ 2012/06/26 ] 韓国・朝鮮史

「大東亜戦争」 日本を評価しない人々

元記事作者様南京事件-日中戦争 小さな資料集



世界が「日本の戦争」をどう見ているのか。

これに対しては、一面的な「回答」は難しいでしょう。国により、あるいは個人により、さまざまな「見解」がありえます。

しかし少なくとも、世界中が「大東亜戦争」を褒め称えている、と断言したとしたら、それははっきりと「ウソ」です。しかしネットには、このような声のみを集めて、あたかも世界中が「日本の戦争」を評価しているかのようなイメージをつくっているコピペをしばしば見かけます。


某掲示板で、私の前に、何の脈絡もなくこのようなコピペを並べてきた方がいました。こちらも遊び半分で、「日本を評価しない」声だけを集める、という、意地の悪いお返事をしてみました。

この「お返事」を、こちらに収録します。読者の方には、「評価」の声だけを集めるのは極めて一面的であり、世界には多様な見解がある、ということだけご理解いただければ結構です。

中にはバー・モウのように、「一面評価、一面否定」のような方もいますが(バー・モウは日本軍政への「協力者」でありましたので、「評価」の側面があるのは当然のことでしょう)、「大東亜戦争万歳」派を見習って(笑)、「否定」の面だけあえて強調します。

※念のためですが、私は、世界が「日本の戦争」に否定的評価を持っている、と主張しているわけではありません。「万歳派」の手法を使えばこんなこともできてしまう、という「遊び」です。


タゴール(インド) 1924年6月

 いまあなた方は、歴史のうえでもったことのないもの、属国というものをもっている。またあなた方より軍事力の弱い国を、一つ近隣にもっている。極めて率直にいわせていただければ、朝鮮人や、みなさんよりずっと不幸な人々への、不正な取り扱いの実例を、たまたま聞いて、私はひどく失望させられ、深く心を傷つけられている。

(大江志乃夫『張作霖爆殺』 P61-P62)

*インドの詩人。1913年ノーベル文学賞受賞。来日の際の公演。



ラウレル(フィリッピン)

 われわれフイリッピン人は日本軍のお蔭で独立しました。心底から有難い。この感謝は永久のものです。しかし独立後に一体日本軍は何をしてきたか。われわれを抑圧するばかりである。われわれには現在実力がない。しかしもしわれわれが実力をもった後でもなお日本軍が今のように無軌道であるならば、必ず復讐します。

(『田尻愛義回想録』P113)

*日本軍政下でフィリッピン大統領を務める。大東亜会議にも出席。

関連記事

タグ: 太平洋戦争, 「アジア解放」, 東南アジア, 侵略, 日本軍の蛮行, 発言録, 南京事件-日中戦争_小さな資料集,

[ 2012/06/25 ] 「アジア解放」