李朝と併合時の朝鮮の人口について

元記事作者様ポンニチのコピペ(´・ω・`)



4 :李朝と併合時の朝鮮の人口(´・ω・`) :2006/03/12(日) 08:12:02.58 ID:/++01JaP0

>朝鮮半島人口の推移
>1753年:730万人
>1850年:750万人
>1906年:980万人(第二次日韓条約により、1905年より朝鮮は日本の保護国へ)
>1910年:1312万人(日韓併合条約により、1910年より朝鮮は日本の一部となる)
>1920年:1691万人
>1930年:1968万人
>1940年:2295万人
>1944年:2512万人(1945年、日本の敗戦により総督府の統治権は米軍へ移譲)


↑のコピペについて

1753年の730万人について朝鮮王朝実録(李朝実録)による
李氏朝鮮時代の朝鮮の人口↓

1636年     1、521、165人
1666年     4、107、156人
1690年     6、952、907人
1753年     7、298、735人
1837年     6、708、529人
1904年     5、928、802人

1753年の人口の出典はここからだろうけど、
これは当てにならない

「朝鮮の人口研究」 善生永助著 京城 朝鮮印刷出版部 1925年8月20日発行によると、
韓国政府の日本人警務顧問調査の調査によると1906年の人口は9781671人だが
大韓帝国の内務部の調査のその前年の人口は5793976人と大きく違うよ(´・ω・`)

大韓帝国のものと日本の人口調査がこれほど違うのかと言うと、
これは李朝、大韓帝国の人口調査が軍役と課税のために
行われていたために朝鮮時代の苛政と相まって
調査される側がごまかしたものと考えられているよ(´・ω・`)
だから李朝時代の人口調査の、
>1753年:730万人
>1850年:750万人

これらは、当てにならないよ(´・ω・`)

その後のものは、
日本の植民地支配―肯定・賛美論を検証する 岩波ブックレット
水野 直樹 (編集), 駒込 武 (編集), 藤永 壮 (編集)  2001年11月発行
によると↓
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 人口, 統計, 捏造コピペ, ポンニチのコピペ,

[ 2012/05/27 ] 韓国・朝鮮史

日本の性犯罪はあまりに多く、ただ隠蔽されているだけです。

元記事作者様あなたは悪くない



「日本は性犯罪が少ない」と思われている方々へ。
少ないどころか、あまりに多く、そして隠されていることを、どうか知ってください。

性犯罪が少ない、という根拠として、警察の認知件数を見ていらっしゃることと思います。

ですが、警察は基本的に「強姦神話」とおりのものしか事件として扱いません。
つまり、見知らぬ人による、夜道や自宅侵入、というケースです。
対して、相談機関に寄せられる相談(つまり安心して相談できるところ)では、7割から9割が顔見知りによる犯行です。

内閣府の調査結果がこれを反映しています。他国の事情と何ら変わりはないです。
ですがこれは女性への暴力に関する調査ですので、調査対象に男性が含まれていません。

H18年
http://www.gender.go.jp/dv/pdf060424/h18report2-5.pdf

H21年
http://www.gender.go.jp/e-vaw/chousa/images/pdf/h21report2-5.pdf
関連記事

タグ: 性犯罪, 犯罪発生率, 統計, 暗数, 性暴力対策,

[ 2012/05/24 ] 犯罪問題

[太平洋戦争] アジア各国教科書の記述

元記事作者様アンチ「ゴー宣」



フィリピン 高等学校用「フィリピン国の歴史」(一九八一年版)

「日本軍の残酷さ-とくに地方での女性に対する邪悪な扱い-は、多くの市民がゲリラになる要因の一つであった。ゲリラ活動の広がりを危険視した日本軍は、フィリピン市民に対して残酷さをいっそう加えるようになった。多くのフィリピン人は、有罪無罪を問わず捕らえられ、サンディアゴ砦や、日本軍が接収し刑務所とした他の施設に送られた。家に戻ることができた者にしても、不自由な身体となっていた。」


インドネシア 中学校用「社会科学・歴史科 第五分冊」(一九八八年版)

「当初、日本軍の到来はインドネシア民族に歓迎された。インドネシア民族は、長く切望した独立を日本が与えてくれるだろうと期待した。
 どうしてインドネシア民族は、このような期待を持ったのだろうか。それは日本がやってきてまもなく、つぎのような宣伝を展開したからである。

 -日本民族はインドネシア民族の「兄」である。日本がきた目的は、インドネシア民族を西洋の植民地支配から解放することである。
 -日本は「大東亜の共栄」のために開発を実施する。

 その実体はどうであったか。日本時代にインドネシアの民衆は、肉体的にも精神的にも、並はずれた苦痛を体験した。日本は結局独立を与えるどころか、インドネシア民衆を圧迫し、搾取したのだ。その行いは、強制栽培と強制労働時代のオランダの行為を超える、非人道的なものだった。資源とインドネシア民族の労働力は、日本の戦争のために搾り取られた。」


タイ 中学二年生用 社会科教育読本「歴史学 タイ2」(一九八〇年版)

「タイ人の多くは、日本がタイを占領し、横行することに不満を感じていた。タイ人グループの中には、日本と同盟関係を持つという政府の方針に反対するものもあった。これら一般民衆グループには、連合国から遣わされたリーダーがいたものと思われる。(後略)
 在英タイ人留学生の大部分は運動(koβ註:自由タイ運動、反日独立運動のこと)に参加し、イギリス政府の援助を受けた。アーナンタ・マヒドーン王の名代であるプリディ・パノムヨン摂政は、タイ国内に抗日地下部隊を設立した。そしてアメリカやイギリスの自由タイ運動と連絡を取り、様々な行動を起こした。例えば、日本の兵力や動向に関する情報を連合国側に提供したり、破壊行為によって日本の通行を妨害したり、また、日本兵を拘引したりして連合国を援助した。」
関連記事

タグ: 東南アジア, 歴史教科書, 太平洋戦争, 侵略, 日本軍の蛮行, 「アジア解放」, アンチ「ゴー宣」,

[ 2012/05/23 ] 「アジア解放」

在日の就業と生活保護の統計はデマ

元記事作者様ポンニチのコピペ(´・ω・`)



3 :在日の就業と生活保護の統計はデマ(´・ω・`) :2006/03/12(日) 07:04:02.88 ID:/++01JaP0


>この在日韓国人、朝鮮人生活保護の問題点とは
>その生活保護受給率の高さです。

>●就職状況(民団サイトより)
>         引受数    男     女
>有職者合計  173,008  136,127  36,881
>無職      462,611  168,594  294,017
>------------------------------------
>総数      636,548  305,432  331,116

>●年齢別データ(民団サイトより)
>20歳以下    64,168
>20-60歳    454,614
>60歳以上    114,653

>40歳以上の女性および50歳以上の男性(計約16万)を除くという
>乱暴な計算で就業可能年齢の人数を求めると、約30万。

>就業適齢者 30万 / 有職者     17万

>●生活保護人員数  (厚生統計要覧13年度)
>日本人             1,148,088人
>日本国籍を有しない外国人  421,651人

>このうち在日外国人における 韓国・朝鮮の構成比は 33.8%

>日本国籍を有しない外国人で生活保護を受けているもの × 韓国・朝鮮の構成比 = 142518

>つまり生活保護を受けてる在日韓国・朝鮮人は、およそ142000人

>そして

>日本の総人口  127560000人(平成15年4月1日)

>生活保護 日本人 1,148,088人 (厚生統計要覧13年度)

>日本の人口に対する生活保護の割合  「0.9%」なのに対して

>在日韓国・朝鮮人   625,422(平成14年末)のうち
>先ほどの式より算出した生活保護を受けてる在日韓国・朝鮮人  およそ142000人
>の割合「22.7%」
>つまり
>在日韓国、朝鮮人の5人に一人は生活保護受給者
>であり彼らの生活費は日本人の税金によってまかなわれているということです。


↑のコピペで
在日韓国、朝鮮人の5人に一人は生活保護受給者といっているけど、
そんなことありえないよね(´・ω・`)
関連記事

タグ: 在日韓国・朝鮮人, 生活保護, 統計, 民族差別, 嫌韓, 捏造コピペ, ポンニチのコピペ,

[捕鯨問題] 日本人だけが知らない事実

元記事作者様ここがヘンだよ肉食大国ニッポン!



日本では報道されない事実がある。

200704_06_98_e0066698_7265345.jpg

2月に火災を起こした日新丸が南極海でとった態度、
世界中で非難されており、諸外国に住む日本人がどれだけ恥ずかしい目にあっているか、
日本に住むみなさんはご存知ないだろうとおもう。


捕鯨推進国日本では、都合の良いことばかり報道され、
その情報コントロール力はさながら北朝鮮なみである。

過去に起きた商業的な捕鯨によるクジラの乱獲への反省から、
南半球のインド洋や南極海は国際捕鯨委員会でクジラ保護区として定められ、
その海域での捕鯨は永久的に禁止されています。

基本的に多くの捕鯨が自国海域の近くで行われています。
しかし、世界最大規模の捕鯨が現在も行われているのが
南極のクジラ保護区の中という奇妙な現象がおきているのも事実です。
そしてその場所で捕鯨を行っているのが日本の捕鯨船なのです。

捕鯨に都合よく工作する日本はこれらの環境保護団体を非難し、
火災のオイル漏れなどから周辺の海を汚染する可能性あるなどということは
一切触れていない。

諸外国ではこちらのほうが問題になっているのだ。
関連記事

タグ: 捕鯨問題, 南極海, 海洋汚染, 情報統制, マスコミ, 海外の声, 環境保護団体,

[ 2012/05/20 ] 捕鯨問題