「西蔵の平和的解放の弁法に関する協定」と「韓国併合条約」

元記事作者様誰かの妄想



ま、どちらも強制されたもので似ているな、と。


「西蔵の平和的解放の弁法に関する協定」というのは、1951年5月にチベット代表団が北京で中国共産党政府と結んだ協定であり、締結にあたって人民解放軍の圧力があったことは想像に難くない。

この協定は、同年9月にラサのダライ・ラマ14世(当時16~17歳)によって、批准されている。


また、1950年10月の人民解放軍のチベット侵攻に際し、チベット政府は英米インドに支援を要請したが、英米は同情のみで具体的な支援は行わず、インドにいたっては「チベット問題は中国の内政問題」として取り合わなかった。


この辺は、ハーグに密使を送ったにも関わらず列強から支援を得られなかった大韓帝国皇帝を髣髴とさせる。


また、1910年の韓国併合条約締結にあたって、地方では義兵などの反日闘争が展開されたものの、ソウルでは日本軍の圧力により(当時、韓国軍は伊藤博文によって解散させられ、日本軍1個師団強が展開していた)平穏だったことも、1951年のチベットに似ている。


と、ここまで徒然に書いたのであまりまとまってないなあ・・・。ま、いいか。
スポンサーサイト

タグ: 中国, チベット, ダライ・ラマ14世, 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 侵略, 誰かの妄想,

[ 2012/07/20 ] 中国の民族問題

パンダはチベットの固有種ではないのです。

元記事作者様凶悪犯罪増加の誤解を解くページ



「パンダはチベットのものであり中国が簒奪した」という主張は事実でなかったようです。
パンダ問題について(続き)

いわゆる「大チベット」という概念は正しいか?

この件に関しては前にも三回も取り上げましたが、このデマだか間違いに関してはいつまでも終息しないようなので、また書きます。

別に私のこの主張は思想的なものは何もありません。
個人的には中国も中国共産党も嫌いですし、中国のチベット侵略は酷いと思います。
だからといって、いつまでも「パンダ簒奪」のような虚偽がチベット開放の旗頭になっているのはどうかと思うのです。
http://www.kodai-bunmei.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=176656
http://blog.zaq.ne.jp/yuzan/article/40/
http://www.china-news.co.jp/node/754

タグ: チベット, 中国, パンダ, 動物, 大チベット, ペマ・ギャルポ, 凶悪犯罪増加の誤解を解くページ,

[ 2012/07/06 ] 中国の民族問題

いわゆる「大チベット」という概念は正しいか?

元記事作者様凶悪犯罪増加の誤解を解くページ



いわゆるパンダ議論では、一部のチベット人が主張する現代の中国の1/4にも及ぶ「大チベット領域」の観念が「100%正しい」という前提で主張されているものが多いと思います。

しかし、チベット人が現代、居住している全地域はそれこそ、インド、ネパール、ブータン(チベット人系国家ですが)、中国などにまたがっています。
にも関わらずチベット独立派の主張する「大チベット」の要求は中国国内に限られています。
これは正直、フェアでない気もします。
つまり、チベット独立派が「領土を取れる国は中国以外にない」と考えているからです。

ところでブータンという国家を調べていて面白い記述に気づきました。
1617年 - チベットによる第1回侵攻。
1634年 - チベットによる第2回侵攻。
1639年 - チベットによる第3回侵攻。
1644年 - チベット・モンゴル連合軍がブータンを攻撃。
1648年 - チベット・モンゴル連合軍がブータンを攻撃。

このように普通にチベットは軍事行動を起こし他の国に攻め込んでますね。
要するにチベットというのは平和国家でも争いを好まない神秘的な宗教国家でも何でもなくつくづく「普通の民族・国」だという事です。
要するに戦争や侵略もすれば領土紛争も起こす、嘘もつく普通の国なのです。

タグ: チベット, 大チベット, チベット独立運動, 中国, ブータン, 侵略, パンダ, 凶悪犯罪増加の誤解を解くページ,

[ 2012/07/02 ] 中国の民族問題

「パンダはチベットのものであり中国が簒奪した」という主張は事実でなかったようです。

元記事作者様凶悪犯罪増加の誤解を解くページ



「パンダはチベットのものである」「中国はチベットからパンダを奪い取った」と言われますが、
どうやら、この話し、事実ではないそうです。

まず現代の野生のパンダの多くが四川省出身です。
そして、この四川省の半分くらいが元々はチベットの領土で、中国がこれを奪ったといわれてますが、四川省は元々、中国系、チベット系が混在する地でにわかにはチベット側の主張が正しいとはいえないのです。
大体、四川省の省都の成都は三国志の劉備が本拠としたくらい古い中国の都市なのですが・・・
そもそも、チベットの主張する「現代の中国の1/4にも及ぶ大チベット」の領域自体が第三者的に見て正しいかどうかは論議の余地のあるところです。というか正直、チベットが独立するとしても実行不可能な国境線のように感じます。
領土主張などというものはどこの国・民族にでもあるものであり、チベットの主張が必ずしも正しいわけではないのです。
所詮は民族の分布や歴史の経緯など、さまざまな要素で決定されるものです。

確かに現代の中共政権が正しいとは思えませんし、チベットの併合も酷いものと思いますが、
だからといって、チベット側の言う事を全て聞き入れて、このパンダ話しのような怪しい話しを信じ込むのも本末転倒です。


なお、パンダが現代の四川省だけに住むというのはあくまで現代の話であり、
過去には黄河以南に広く分布していたことは化石などからも明らかであり、
長安などにもパンダの痕跡はあるようです。

まあ、かろうじて「パンダはチベットの動物でもある」という主張くらいはありかもしれませんが、
「パンダはチベットの固有種である」とか変な断言をするのは相当に無理のある主張のようです。

この話し自体がチベット政治学の権威と言われるベマ・ギャルボ教授の創作もしくは誤りと思われます。

参考URL
http://panda100.jugem.jp/?eid=70
http://anond.hatelabo.jp/20080510193214
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016408655
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4009685.html
http://www.kodai-bunmei.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=176656

パンダがチベットの固有この動物だと強弁するなら、
なぜ、いわゆる「大チベット」にすら含まれてない陝西省に340頭もパンダがいるんですか?


タグ: チベット, 中国, パンダ, 動物, ペマ・ギャルポ, 凶悪犯罪増加の誤解を解くページ,

[ 2012/06/29 ] 中国の民族問題