Record Chinaの印象操作

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



Record Chinaが次のような記事をあげています。

<レコチャ広場>中国人が南京大虐殺をどう歪曲しているのか、とくと見てみよう―中国

Record China 3月3日(土)13時18分配信

2012年3月2日、中国のジャーナリスト、王錦思(ワン・ジンスー)氏は「中国人が南京大虐殺をどのように歪曲しているのか、とくと見てみよう」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。以下はその内容。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000013-rcdc-cn


王錦思氏の許可をとって翻訳掲載しているとのことですが、王錦思氏自身は少なくとも2007年時点では日本語も英語もできない*1とのことでしたから、実際に日本語訳された内容を把握しているかは疑わしいと思います。

*1:http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200712061017444

というのも、Record Chinaの記事からは、まるで王錦思氏が南京事件を否定しているかのように読めるからです。

もちろんRecord Chinaの記事でも明示的に王錦思氏が南京事件を否定しているような発言はありませんが、全体として否定、ないし小虐殺支持のような印象になっています。

とりあえず、Record Chinaの記事と元のブログ記事の差分をピックアップしてみます。
スポンサーサイト

タグ: 南京大虐殺, 南京大虐殺否定論, 王錦思, 中国, 偏向報道, 企業戦略, レコードチャイナ, 誰かの妄想,

[ 2012/07/04 ] 南京大虐殺

ネトウヨの南京事件否定論をおさらいしてみる。

元記事作者様誰かの妄想



まあ、レベルが低いというか、結論先にありきと言うか、その辺は言わずもがななのですがね。

言うまでもないことですが、南京事件の全体像について考察している歴史家は、日本軍が作成した資料・日中の関係者証言、その他当時発行された公式・非公式の資料などを基にその規模や犠牲者数を推定しているわけです。この際、写真などはあまり重要視されていません(撮影者・撮影日などが明確であれば使えますが、そういったものは占領者のプロパガンダ以外残りにくい)。


一方、否定論者は主に3種類。
Type I .全て捏造、虐殺どころか殺害そのものがなかった。
Type II .殺害は全て合法であって、虐殺ではない。
Type III.戦争なんだから虐殺があって当然、日本だけが悪いのではない。


この他に「30万人という数字が誇張だと言いたいだけ、虐殺がなかったとは言ってない。」とかもあります。


否定論者は基本的に節操のない人が多いので、上記Type I~TypeIIIを好き勝手に行き来します。

・TypeIの典型的主張
「南京には20万人しかいなかった」「だから30万人は殺せない」「それどころか人口が25万人に増えている」

数字には諸パターンありますが、まあこんな感じです。
言うまでもないですが、20万人と言うのは南京特別市の一部である南京城の中のさらに一部である安全区の人口に過ぎず、一方で犠牲者30万人が発生したという地域は南京城の外、南京特別市の広い範囲に及びます。
この指摘に対して、「安全区以外の人は全員、避難して無人だった」とか言い出しますが、どんどん矛盾が発生します。

矛盾:安全区に20万人、安全区以外が無人だったのなら、増えた5万人はどこから出てきたのか?
 日本軍は、南京占領後に5万人の人間を創造でもしたんでしょうかね?あるいは反魂の術でも使ったか?



では、今回はこのサイトを見てみましょう。

タグ: 南京大虐殺, 南京大虐殺否定論, 日中戦争, 中国, 人口, ウヨクサイトへの反論, 誰かの妄想,

[ 2012/05/15 ] 南京大虐殺