[アイヌ問題] 学術的成果を悪用する回路――「純粋な民族はいない」論をめぐって

元記事作者様Danas je lep dan.



『わしズム』のアイヌ特集号を引っ張り出してみたら小林の漫画以外にも色々思うところがあったのでエントリあげるよ。

わしズム 2008年 11/29号 [雑誌]

出版社/メーカー: 小学館
発売日: 2008/10/29
メディア: 雑誌


この辺の主張を見ていて思うのは,「純粋な人種/民族」は存在しない,という,様々な学問(生物学だったり文化人類学だったり歴史学だったり)の成果が都合良く切り取られて悪用されているということ。たとえば小林は漫画の中でこう述べる。

ちなみに,ナチズムに対する反省からユネスコは1951年に人類学者を招請して「人種と人種差別の本質に関する声明」を発表。その中で「純粋な人種が存在するという証拠はない」と明言している。*1

*1:小林よしのり「国民としてのアイヌ」『わしズム』28,2008,p.19。


また,人類学者の河野本道は,こう言う。

「民族」という用語は,文化集団を意味する場合もあれば社会集団を意味する場合もある。宗教によって枠づけられる集団のこともあれば,言語によって枠づけられる集団のこともあり,それにはまた,専門用語と通俗的用語との間のずれもある。(……)日本語の「民族」という用語は非常に幅のある言葉で,使い方や解釈の仕方によっては誠に危険な言葉なのである。*2

*2:河野本道「〈アイヌ系日本国民〉を『アイヌ民族』と言えない学術的根拠」同,p.63。


そもそも,学問的には,純粋な「人種」とか純粋な「民族」の存在が認められているというわけではない。*3

*3:同。


どちらも,そこだけを取り出せば至極真っ当な見解である。だが問題は,「だから『純粋な』アイヌなんて存在しない。そもそも存在するわけがない」という,学問的には真っ当な主張が「ゆえに彼らを『アイヌ』と呼ぶことは難しい」という謎の変換をされてしまう回路にある。それを言うなら同様に「和人」「日本人」だって存在が怪しいはずなのだが,何故か彼らは「日本は単一民族国家である」*4と主張する。

*4:小林「国民としてのアイヌ」p.19。

「純粋な○○人」は存在しない,という公理がふたつの自称民族のどちらか一方にだけ当て嵌められる回路――これを差別的と言わずして何と言おう。「日本人」も「アイヌ」も自称に過ぎない。だが,学問の側が提起してきたのは単にそれだけではなく,だからこそ個々の「民族」の声に耳を傾けるべきだ,ということではなかったのか。「純粋な○○人は絶えた。お前たちは偽物だ」という主張の暴力性が,問題にされてきたのではなかったのか。まさしく,「学問の暴力」として。それは,文化人類学が通過してきた道,場所によっては今なお通過している道だというのに。彼らはこうやって学問の蓄積を台無しにする。日本人が洋服を着てiPodを使って大量の借用語を混ぜながら会話し,お祭りの時だけ法被を纏うのは許しても,アイヌが同様のことをすると「文化を失っているじゃないか」と言う,このダブルスタンダードこそが差別である。
スポンサーサイト

タグ: アイヌ, 民族, アイデンティティ, 民族差別, 純血主義, 「単一民族国家」, 小林よしのり, Danas_je_lep_dan.,

[ 2012/08/05 ] アイヌ問題

アイヌ文化を上から目線で断罪する自称反差別主義者

元記事作者様Danas je lep dan.



小林よしのりがアイヌについて身勝手な暴論をさんざ吐いてきた事は既に述べたが,まあ,『わしズム』を見たらアホな記述が出るわ出るわ。


わしズム 2008年 11/29号 [雑誌]

出版社/メーカー: 小学館
発売日: 2008/10/29
メディア: 雑誌


時間がないからちょっとだけdisる。

今さら熊送りの儀式や女性の口の周囲のイレズミを復活させられるわけもない。

時代の変化に耐えられる文化は放っておいても残るし因習は消えていくのが自然である。(p.49)


このコマには,仔熊に向けて矢を放つアイヌの男たちと,口の周りに入れ墨をしたアイヌの女たちの絵が描かれている。

え? 熊送りを「因習」「消え去るべきもの」扱いですか? 何だそれ。んなもんは和人の価値観だろ。

タグ: アイヌ, 文化差別, 民族差別, 捕鯨問題, 小林よしのり, Danas_je_lep_dan.,

[ 2012/07/15 ] アイヌ問題

アイヌへの支援を「反日」と呼ぶ醜悪さ

元記事作者様Danas je lep dan.



全方位反日認定に定評のある*1,「国民の知らない反日の実態」というサイトのアイヌについての項目が更新されていたが……頭が痛い。

*1:http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/35.html。

もちろん日本の歴史の中でアイヌを不当に扱った側面があったことは否定できません。
でも日本が北海道を開拓しなかったらどうなっていたでしょうか?

明治維新が始まったころ、ロシアは南下政策をとっていました。
これは一年中海が凍らずに利用できる不凍港を確保するためです。
そのため当時は北海道周辺に多くのロシア船が出没していました。
ロシアが北海道を占領する危険性が大いにあったのです。

その頃の日本とロシアの国力は桁違いです。
ロシアと戦っても勝てる見込みは全くありませんでした。
下手をすれば日本はロシアに軍事占領されていたかもしれないのです。
だから明治政府は北海道開拓使を設置し早急な開拓を行ったのです。
そうして主権を確立していきました。
さて、その頃のアイヌに自らで近代化を行って軍事国ロシアに対抗する力はあったでしょうか。
残念ながら無かったというしかありません。

当時、世界は植民地主義の弱肉強食的な時代でした。
今の価値観では考えられないのですが、欧米列強の侵略は全世界に及び、
大東亜戦争直前にアジアで独立を果たしていたのは日本、タイ、チベットの三カ国だけでした。
明治政府は必死で富国強兵・殖産興業に努め、欧米の植民地に日本がなってしまわないように努力したのです。
もし日本が北海道を開拓しなければ、アイヌはいずれにしろロシアによって滅ぼされたでしょう。
チェーホフの著書『サハリン島』には驚愕の事実が書いてあります。
「千島、樺太交換条約でロシア領になった樺太のアイヌ人の人口が30年足らずで半減している」と。
チェーホフ

北海道開拓は日本にとっても、アイヌにとっても避けられない道だったのです。


国民が知らない反日の実態 - アイヌ問題


取り敢えずツッコミ所としては,

あれ? 北海道が日本領なのは確定事項?
ロシアが酷いことしたからといって日本が良いことしたとは言えないよね?
開拓の過程でアイヌの土地を奪ったことはガン無視かよ?
朝鮮の独立は日本が奪ったよな?

……他にあるひといたらどんどん挙げてって下さい。一々数え上げるのも虚しいわ。

タグ: アイヌ, 同化政策, 民族差別, チベット, ウイグル, ウヨクサイトへの反論, Danas_je_lep_dan.,

[ 2012/07/09 ] アイヌ問題