自滅する捕鯨 (オーストラリアの反捕鯨は保守か革新か)

元記事作者様シートン俗物記



既視感のある風景。

・捕鯨めぐり日豪ネット摩擦 YouTube動画にコメント1万5000件(IT media News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/09/news061.html

動画は「白豪主義オーストラリアと反捕鯨」というタイトルで約10分間。豪州の人種差別問題やディンゴ(野犬の一種)の虐殺などについて画像や動画を、英語と日本語の解説文入りで紹介し、「豪州は日本人への差別意識から日本の捕鯨に反対している」などと批判している。


・捕鯨問題で「豪批判」動画 YouTubeで日豪サイバーバトル(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2008/01/08015346.html

動画の内容は、日本の調査捕鯨に猛烈に反発する豪州政府の方針などを痛烈に批判するもので、豪州での人種差別暴動やディンゴやカンガルーといった動物の虐殺映像を使って、豪州人が持つ日本人や捕鯨への「差別」を克明に描いたものだ。

そこでは、人種差別運動の様子、殺されるディンゴ、白人男性がカンガルーの母親のお腹の袋から赤ちゃんカンガルーを取り出して足で踏みつぶす様子、さらには「鯨のフルコース」を注文した日本人男性が銛で刺し殺されるCMなどが流され、「次の犠牲者は日本人ですか?」「豪州は最も多くの動物を殺す国だ」「カンガルー殺しは残酷じゃないの?」といったメッセージが添えられている。


こういう事を忘れたのだろうか。

・「従軍慰安婦」問題 「20世紀最大の人権蹂躙」なのか(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2007/06/27008781.html

この「自爆」行為によって、世界各国での非難決議をアシストする事になったのだが、今回は捕鯨で同じ状況に陥る事となっている。
捕鯨に関しては、拙ブログでも何回か取り上げているので、そちらにも目を通して頂くとして

・「白豪主義オーストラリアと反捕鯨」
http://www.youtube.com/watch?v=e8lvep0-Ii0


の何が問題なのか示していこう。
まず、核心をついてしまうが、
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 捕鯨問題, オーストラリア, 動物, 環境保護, 人種差別, 誤爆・自爆, YouTubeのトンデモ動画,

[ 2012/06/30 ] 捕鯨問題