[性犯罪] 認知件数の意味も理解できない記者ってのはどうかと思うよ。

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



産経新聞が燃料を投下して嫌韓バカが舞い上がる構図には、今さら指摘するまでもないのだが。

”韓国は強姦大国”という嫌韓バカによって流布されている都市伝説を、産経記者が改めて流布しなおした記事がこれ。

iza:イザ!

前半は、韓国では性犯罪被害者が届出の際に心理的抵抗が少なくて済むように警察・病院での体制が整えられていることを示しており、それらの取り組みは評価できるものと言える。

しかし、そこは産経、韓国を誉めたりなどはしない。

 センターの利用者は年々増加しているが、性犯罪件数が増えたためではなく、センターの認知度が高くなり、単に利用者が増えたことが理由だ。

 実は、韓国内で発生する強姦、強制わいせつといった性犯罪は日本よりも多く、米国並みだ。2007年に1年間で、韓国では1万5325件発生し、人口1万人当たり3・16件発生している。日本は9430件で、1万人当たり0・74件。つまり韓国の発生率は、日本の約4倍と高いことがわかった。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/215729/


さて、ここで述べられている性犯罪件数とは、認知件数のことである。認知件数とは、被害者らが警察に届け出たことなどにより政府が認知した犯罪件数である。決して”発生件数”ではない。

犯罪被害が発生しても、被害者が届け出ないために認知されていない事件の件数を暗数という。

この「暗数」は、犯罪の実態、特に犯罪発生の証拠が残りにくい性犯罪の実態を語る上で無視できない重要な要素である。

これを無視している時点で、水沼啓子記者は無能と言っていいだろう。


性犯罪をどう定義する?


殺人であれば、必ず死体が発生するわけで非常にわかりやすい定義となるわけだが、性犯罪の場合はどうだろうか?

日本の場合、強姦(刑法177条)や強制わいせつ(刑法176条)の他、迷惑防止条例違反などが性犯罪に該当する*1

*1:準強姦や準強制わいせつや公然わいせつなどもありますが、簡単のためこの三つのみ示す。

では、それぞれの違いはどう定義されるのか?

強姦と強制わいせつの違いは割とわかりやすく、日本の場合は、男性器を女性器に挿入したかどうかで決まる。これは強姦をかなり狭く定義したもので、口淫などは含まれない。

そのため、

また日韓の性犯罪の件数でとくに差が出たのは、韓国の方が強姦の件数が異常に高いことだ。日本で起きた性犯罪のうち強制わいせつが8割ほどを占め、強姦の件数は1766件(2割程度)だったのに対して、韓国は全体の半数以上を占める8732件と、日本の5倍近くに達した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/215729/


という主張は、韓国での強姦と強制わいせつの違いが明示されない限り全く意味がない。実際、韓国では性転換者に対する性的暴行にも強姦罪を適用している。韓国では強姦罪は、婦女が被害者の場合のみ適用されるため異例の措置として知られたが、挿入云々に関わる議論は見かけなかった。この他に文化的な違いも考えられる*2

*2:例えば、通常の性交ではない性的暴行の方が社会的に冷たく見られる、など。実際、日本でもアダルトビデオを通じて普及するまで、口淫が変態的とみなされた時期がある。この場合、口淫だけでも強姦として主張することが考えられるし、被告もそれを受け入れる場合がありうる。

そういった考察や区分基準の統一もせずに、強姦件数だけを日韓で比較しても意味はない。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 性犯罪, 犯罪発生率, 統計, 暗数, 嫌韓, 韓国・朝鮮, 米国, 産経新聞, 誰かの妄想,

[ 2012/08/08 ] 犯罪問題

「西蔵の平和的解放の弁法に関する協定」と「韓国併合条約」

元記事作者様誰かの妄想



ま、どちらも強制されたもので似ているな、と。


「西蔵の平和的解放の弁法に関する協定」というのは、1951年5月にチベット代表団が北京で中国共産党政府と結んだ協定であり、締結にあたって人民解放軍の圧力があったことは想像に難くない。

この協定は、同年9月にラサのダライ・ラマ14世(当時16~17歳)によって、批准されている。


また、1950年10月の人民解放軍のチベット侵攻に際し、チベット政府は英米インドに支援を要請したが、英米は同情のみで具体的な支援は行わず、インドにいたっては「チベット問題は中国の内政問題」として取り合わなかった。


この辺は、ハーグに密使を送ったにも関わらず列強から支援を得られなかった大韓帝国皇帝を髣髴とさせる。


また、1910年の韓国併合条約締結にあたって、地方では義兵などの反日闘争が展開されたものの、ソウルでは日本軍の圧力により(当時、韓国軍は伊藤博文によって解散させられ、日本軍1個師団強が展開していた)平穏だったことも、1951年のチベットに似ている。


と、ここまで徒然に書いたのであまりまとまってないなあ・・・。ま、いいか。
関連記事

タグ: 中国, チベット, ダライ・ラマ14世, 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 侵略, 誰かの妄想,

[ 2012/07/20 ] 中国の民族問題

「1910年の朝鮮人平均寿命26歳説」の謎

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



内容はタイトル通りです。

嫌韓バカによって流布されている説の一つである、1910年の平均寿命26歳説だが、ネット上では諸説あって、24歳説や、20代説など混在している。

問題はそのソースなのだが、これがどうもはっきりしない。

歴史関連のデマ・不正確さには定評のあるwikipediaには以下のような記載があり、

衛生面では、朝鮮半島で流行していたコレラ、天然痘、ペストなどの伝染病の予防政策も行われて乳児死亡率は減少し、また農地の開発により食糧生産量も激増したことで、人口は、併合時(1910年)の調査では13,128,780人[44]だったものが1944年の調査では25,120,174人となり、平均寿命も併合時(1910年)24歳だったものが、1942年には45歳まで伸びた[45][46]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE


平均寿命関連の参考文献として、朝鮮総督府『統計年報』と黄文雄(笑)の『歪められた朝鮮総督府』があげられているのだが・・・。

実際に調べてみたが「統計年報」にも「歪められた朝鮮総督府」にも、1910年当時の平均寿命の記載は見当たらなかった。

つまり、ソース不明。

怪情報と言う他ない。

というわけで、ソースをご存知の方、ご一報いただければ幸いです。


ちなみに、日本人の平均寿命も30歳を超えたのは明治に入ってからなので、1910年当時の朝鮮人の平均寿命が20代であっても特に不思議ではないのだが、1910年の統計はかなり精度が低く平均寿命が計算できるようなものではないので、どうやって”26歳”という数字が出てきたかは不思議なのです。
関連記事

タグ: 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 平均寿命, 統計, 黄文雄, ウィキペディアのデマ, 誰かの妄想,

[ 2012/07/14 ] 韓国・朝鮮史

四方氏の研究 (韓国・朝鮮の両班について)

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



嫌韓バカが李氏朝鮮時代を誹謗するのに良く使われる史料として、京城帝国大学教授の四方博氏の研究がある。

以下の表は有名なので、見たことも多いかと思う。


身分別戸数とその比率(大邱、慶尚道)


 両班戸(%)常民戸(%)奴婢戸(%)総数(%)
1690年2909.2%169453.7%117237.1%3156100%
1729・32年57918.7%168954.6%82426.6%3092100%
1783・86・89年105537.5%161657.5%1405.0%2811100%
1858年209970.3%84228.2%441.5%2985100%

(「両班 李朝社会の特権階層」宮嶋博史、中公新書、1995、P198)


身分別人口数とその比率(大邱、慶尚道)


 両班(%)常民(%)奴婢(%)総数(%)
1690年10277.4%689449.5%599243.1%13913100%
1729・32年226014.8%806652.8%494032.4%15266100%
1783・86・89年392831.9%641552.2%195715.9%12300100%
1858年641048.6%265920.1%412631.3%13195100%

(「両班 李朝社会の特権階層」宮嶋博史、中公新書、1995、P199)

これを引用して、李朝末期の朝鮮は人口の半分が両班で異常な社会であったと主張する嫌韓バカが多い。ネット嫌韓だけじゃなく、右翼ロビイストも同様の主張をしている。例えば、嫌韓ロビイストの中ではまだまともな方と思える呉善花であるが、著書「韓国併合への道」P23-24で以下のように述べている。
関連記事

タグ: 韓国・朝鮮, 両班, 身分制度, 人口, 呉善花, 崔基鎬, 誰かの妄想,

[ 2012/07/08 ] 韓国・朝鮮史

Record Chinaの印象操作

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



Record Chinaが次のような記事をあげています。

<レコチャ広場>中国人が南京大虐殺をどう歪曲しているのか、とくと見てみよう―中国

Record China 3月3日(土)13時18分配信

2012年3月2日、中国のジャーナリスト、王錦思(ワン・ジンスー)氏は「中国人が南京大虐殺をどのように歪曲しているのか、とくと見てみよう」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。以下はその内容。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000013-rcdc-cn


王錦思氏の許可をとって翻訳掲載しているとのことですが、王錦思氏自身は少なくとも2007年時点では日本語も英語もできない*1とのことでしたから、実際に日本語訳された内容を把握しているかは疑わしいと思います。

*1:http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200712061017444

というのも、Record Chinaの記事からは、まるで王錦思氏が南京事件を否定しているかのように読めるからです。

もちろんRecord Chinaの記事でも明示的に王錦思氏が南京事件を否定しているような発言はありませんが、全体として否定、ないし小虐殺支持のような印象になっています。

とりあえず、Record Chinaの記事と元のブログ記事の差分をピックアップしてみます。
関連記事

タグ: 南京大虐殺, 南京大虐殺否定論, 王錦思, 中国, 偏向報道, 企業戦略, レコードチャイナ, 誰かの妄想,

[ 2012/07/04 ] 南京大虐殺