支那とは蔑称である

元記事作者様支那とは蔑称である

※改行を修正。



最近、「支那とは蔑称でない」という言説が盛んである。しかし、僕はその意見には賛成しない。 「支那とは蔑称でない」の理論は確かこんな感じだと思う。

「支那」という言葉の語源は最初の統一王朝「秦」から来ており、旧来現在の王朝名(明とか清とか)と区別して、「あのモンゴルやシベリアの南でユーラシア大陸の東は端の地域」を意味する言葉で使われてきた

しかし、よく考えてみて欲しいのだが、そもそも蔑称と言っても語源まで侮蔑語なのって逆に少なくないか? アカは共産主義者の蔑称だが、もともとアカというのは何も悪い意味ではない。世界初の共産主義国家ソ連(と言うと日本共産党の人間が文句つけてくるかも知れないけど無視)は非常に寒さの厳しい北国で、泣くと泣いたそばから涙が凍る、何もかも凍りつく大地だ。そんな極寒の地を暖めてくれる希望の共産主義ということで、共産主義のイメージカラーは暖色の赤になった。何も悪い意味は無い。

日本人の蔑称jap,これもJAPANからきていて、このJAPANはマルコ・ポーロの東方見聞録に出てくるジパングからきていて、このジパングはもともと「日本」を意味する中国語だったそうだ。何も悪い意味は無い。

「貴様」って言葉も、もともと敬語だったんだぜ?確かに漢字見れば「とうといさま」だし。でも、現代じゃ敬語のつもりで「貴様」って呼んでも通用しないよ?まあ「イエローモンキー」とか「非人」とかそのものずばりの蔑称もあるんだけどさ。
スポンサーサイト

タグ: 中国, 「支那」, 蔑称, 反中・嫌中, 民族差別,

[ 2012/07/03 ] 嫌中の怪情報