[性犯罪] 認知件数の意味も理解できない記者ってのはどうかと思うよ。

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



産経新聞が燃料を投下して嫌韓バカが舞い上がる構図には、今さら指摘するまでもないのだが。

”韓国は強姦大国”という嫌韓バカによって流布されている都市伝説を、産経記者が改めて流布しなおした記事がこれ。

iza:イザ!

前半は、韓国では性犯罪被害者が届出の際に心理的抵抗が少なくて済むように警察・病院での体制が整えられていることを示しており、それらの取り組みは評価できるものと言える。

しかし、そこは産経、韓国を誉めたりなどはしない。

 センターの利用者は年々増加しているが、性犯罪件数が増えたためではなく、センターの認知度が高くなり、単に利用者が増えたことが理由だ。

 実は、韓国内で発生する強姦、強制わいせつといった性犯罪は日本よりも多く、米国並みだ。2007年に1年間で、韓国では1万5325件発生し、人口1万人当たり3・16件発生している。日本は9430件で、1万人当たり0・74件。つまり韓国の発生率は、日本の約4倍と高いことがわかった。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/215729/


さて、ここで述べられている性犯罪件数とは、認知件数のことである。認知件数とは、被害者らが警察に届け出たことなどにより政府が認知した犯罪件数である。決して”発生件数”ではない。

犯罪被害が発生しても、被害者が届け出ないために認知されていない事件の件数を暗数という。

この「暗数」は、犯罪の実態、特に犯罪発生の証拠が残りにくい性犯罪の実態を語る上で無視できない重要な要素である。

これを無視している時点で、水沼啓子記者は無能と言っていいだろう。


性犯罪をどう定義する?


殺人であれば、必ず死体が発生するわけで非常にわかりやすい定義となるわけだが、性犯罪の場合はどうだろうか?

日本の場合、強姦(刑法177条)や強制わいせつ(刑法176条)の他、迷惑防止条例違反などが性犯罪に該当する*1

*1:準強姦や準強制わいせつや公然わいせつなどもありますが、簡単のためこの三つのみ示す。

では、それぞれの違いはどう定義されるのか?

強姦と強制わいせつの違いは割とわかりやすく、日本の場合は、男性器を女性器に挿入したかどうかで決まる。これは強姦をかなり狭く定義したもので、口淫などは含まれない。

そのため、

また日韓の性犯罪の件数でとくに差が出たのは、韓国の方が強姦の件数が異常に高いことだ。日本で起きた性犯罪のうち強制わいせつが8割ほどを占め、強姦の件数は1766件(2割程度)だったのに対して、韓国は全体の半数以上を占める8732件と、日本の5倍近くに達した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/215729/


という主張は、韓国での強姦と強制わいせつの違いが明示されない限り全く意味がない。実際、韓国では性転換者に対する性的暴行にも強姦罪を適用している。韓国では強姦罪は、婦女が被害者の場合のみ適用されるため異例の措置として知られたが、挿入云々に関わる議論は見かけなかった。この他に文化的な違いも考えられる*2

*2:例えば、通常の性交ではない性的暴行の方が社会的に冷たく見られる、など。実際、日本でもアダルトビデオを通じて普及するまで、口淫が変態的とみなされた時期がある。この場合、口淫だけでも強姦として主張することが考えられるし、被告もそれを受け入れる場合がありうる。

そういった考察や区分基準の統一もせずに、強姦件数だけを日韓で比較しても意味はない。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 性犯罪, 犯罪発生率, 統計, 暗数, 嫌韓, 韓国・朝鮮, 米国, 産経新聞, 誰かの妄想,

[ 2012/08/08 ] 犯罪問題

ネトウヨのガセ(デマ)情報(実際のヤクザの在日比率は2%程度でした)(追記あり)

元記事作者様2ちゃんねるとネット右翼(ネトウヨ)ウォッチング&その分析



以前にこういう検証ネタをあげました
http://blog.goo.ne.jp/ngc2497/e/98aaa8e20004a020ea25e212e26f9363
>ネトウヨのガセ情報(実際の在日の生活保護率は5%程度でした)


で…上に関連するネトウヨのガセ・デマに「ヤクザと街宣右翼は在日」というのがあります。
例えばそれに関してデマの具体例を典型的ネトウヨサイトから三つ程ピックアップするとこんな感じ。。。

http://ameblo.jp/lancer1/entry-10020179609.html  (←典型的ネトウヨサイト)
>東京(10月19日)―元公安調査庁の菅沼光弘氏(95年退官)が、19日、外国特派員協会で
講演し、やくざ(暴力団構成員)が単なる犯罪組織にとどまらず、日本の政治経済と密接にかかわってきた
>歴史や現状について語った。

(中略)
>また、やくざの6割を同和関係者、3割を在日韓国・朝鮮人が占めていると明らかにした。

http://www.geocities.jp/uyoku33/     (←「街宣右翼は在日」というデマを振りまく老舗サイト)
>「右翼団体の構成員」の多くは在日コリアン
>「日の丸を掲げ、天皇制を主張しているが、彼らの多くは日本国籍ではなかった」

(中略)
>在日朝鮮人による自作自演
>在日朝鮮人の立場が悪くなると、各地で自演工作が行われます


http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/446.html   (←「在日特権を許さない会」系列サイトで捏造情報満載+ネトウヨ御用達のサイト)
>右翼団体の多くは「朝鮮半島」出身者 (以下は有名な事件)



|で…上のネトウヨ連中の「ヤクザの三割は在日」というデマの大きな出所の菅沼氏の会見動画が以下↓です。

関連記事

タグ: 在日韓国・朝鮮人, 暴力団, 統計, 民族差別, 嫌韓, 産経新聞, ウヨクサイトへの反論, 2ちゃんねるとネット右翼ウォッチング,

在日の生活保護の受給率は高い?

元記事作者様児童小銃



ちょっと酷い話。去年の(今年と勘違いしてました。訂正します。)9月頃、2ch ハングル板で在日韓国・朝鮮人の生活保護受給率が非常に高いという話が出ていたようです。以下がまとめサイト。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/2487/

これは驚くべき事実! と思いきや、どうも怪しいので調べてみました。このサイトは「在日韓国、朝鮮人の5人に一人は生活保護受給者」であると主張しているのですが、これは以下の数字が元になっています。

●生活保護人員数  (厚生統計要覧13年度)
日本人             1,148,088人
日本国籍を有しない外国人  421,651人


これはにわかには信じがたい数字です。ここで参照されている統計要覧の元データは以下のものと思われます。

  • 第3-5表 被保護実人員・保護率,扶助の種類×年度別

  • 第3-10表 日本の国籍を有しない被保護実世帯数・実人員,年度別


  • これによると、平成13年度の全国の被保護実人員として 1,148,088人、平成13年度の外国人の被保護実人員として 421,651人というデータが出ていて、上の数字とは一致しているように見えます。

    しかし、よく見ると、全国のデータの表の上には(各年度1か月平均)という注意書きがあります。そして、外国人の表の被保護実人員の下には「1か月平均」という欄があり、上の数字の約12分の1にあたる 35,138人という数字があるのです。これは一体どういうことでしょう?

    結論から言うと、まとめサイトの筆者(やそのネタ元の人)は外国人の被保護人員だけ12倍に水増しした上で比較しているのです。勘違いなのか悪意があってのことかは知りませんがこれは酷いデマです。

    生活保護の被保護実人員というのは毎月の生活保護を受けた人の数を累計した延べ人数です。人口あたりの保護率を求める場合はこれを12で割った1ヶ月平均の人員を人口で割ります。第3-5表では表内に保護率を計算しているので最初から1ヶ月平均の値が書いてあるのでしょう。

    となると、外国人の被保護人員についても同様に計算しないと比較になりません。上の第3-10表によると、平成13年度の1ヶ月平均の被保護人員である 35,138 人を、平成13年の外国人登録者の総数の 1,778,462人(参照: 平成13年末現在における外国人登録者統計について)で割って*1、被保護率は約 2.0% になります*2

    *1:件のまとめサイトでは何故か 被保護人員 * (在日比率 = 在日人口 / 外国人人口) / 在日人口 というまわりくどい計算をしてますが同じことです。
    *2:普通は人口千人あたりの割合(つまりパーセントではなくパーミル)で表すようですが、わかりやすいようにパーセントにしました。

    確かに日本全体の保護率 0.9 % に比べると倍以上と高いのですが、5人に1人 ではなくその1/10の 50人に1人 です(これは外国人全体での割合です。在日限定の割合については追記その2を参照)

    これは外務省の人種差別撤廃条約第1回・第2回定期報告(仮訳)別添6.被保護外国人数の傾向ともだいたい一致します。ただしこの表は何故かあちこち文字化けしてるので注意。保護率がパーセントになっていますが、正しくはパーミルでしょう。平成9年度の全国の被保護人員 405,589人というのも、上の第3-5表と照らし合わせると 905,589人です。

    以上についてまとめサイトの著者に連絡しようと思ったのですが、連絡先がどこにも見当たりません。どうしたらいいんでしょ?

    via: 「生活保護」「在日外国人」でぐぐれ (自アン_)
    関連記事

    タグ: 在日韓国・朝鮮人, 生活保護, 統計, 民族差別, 嫌韓, ウヨクサイトへの反論, 児童小銃,

    「1910年の朝鮮人平均寿命26歳説」の謎

    元記事作者様誰かの妄想・はてな版



    内容はタイトル通りです。

    嫌韓バカによって流布されている説の一つである、1910年の平均寿命26歳説だが、ネット上では諸説あって、24歳説や、20代説など混在している。

    問題はそのソースなのだが、これがどうもはっきりしない。

    歴史関連のデマ・不正確さには定評のあるwikipediaには以下のような記載があり、

    衛生面では、朝鮮半島で流行していたコレラ、天然痘、ペストなどの伝染病の予防政策も行われて乳児死亡率は減少し、また農地の開発により食糧生産量も激増したことで、人口は、併合時(1910年)の調査では13,128,780人[44]だったものが1944年の調査では25,120,174人となり、平均寿命も併合時(1910年)24歳だったものが、1942年には45歳まで伸びた[45][46]。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE


    平均寿命関連の参考文献として、朝鮮総督府『統計年報』と黄文雄(笑)の『歪められた朝鮮総督府』があげられているのだが・・・。

    実際に調べてみたが「統計年報」にも「歪められた朝鮮総督府」にも、1910年当時の平均寿命の記載は見当たらなかった。

    つまり、ソース不明。

    怪情報と言う他ない。

    というわけで、ソースをご存知の方、ご一報いただければ幸いです。


    ちなみに、日本人の平均寿命も30歳を超えたのは明治に入ってからなので、1910年当時の朝鮮人の平均寿命が20代であっても特に不思議ではないのだが、1910年の統計はかなり精度が低く平均寿命が計算できるようなものではないので、どうやって”26歳”という数字が出てきたかは不思議なのです。
    関連記事

    タグ: 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 平均寿命, 統計, 黄文雄, ウィキペディアのデマ, 誰かの妄想,

    [ 2012/07/14 ] 韓国・朝鮮史

    人口増加は善政の証という勘違い

    元記事作者様誰かの妄想・はてな版



    前回は、日本の朝鮮統治善政の根拠として嫌韓バカが用いる人口推移データに対して、若干の考察を以て補正してみたわけですが、

    嫌韓厨が示す朝鮮の人口推移データを考察する|誰かの妄想


    もちろん、嫌韓バカは「日本統治期間中に人口が増加していることは変わらないじゃないかwww」とか言って嘲笑するのでしょうが(そもそも怪しげなデータを使っての主張を恥ずべきなのだが、嫌韓バカの辞書が落丁が多く「恥」という字が存在しないので指摘しても無駄)、これには続きがあります。


    朝鮮の人口推移

    朝鮮人口(推計)備考
    1717年1500万人(朝鮮政府統計683万口からの推計)
    1753年1600万人(嫌韓提示資料(朝鮮政府統計?)730万人からの推計)
    1777年1804万人(崔基鎬による韓国教科書からの引用)
    1850年1650万人(嫌韓提示資料(朝鮮政府統計?)750万人からの推計)
    1877年1689万人(崔基鎬による韓国教科書からの引用)
    1910年1631万人(警察調査1313万人からの推計)
    1915年1703万人(警察調査1596万人からの推計)
    1920年1763万人(警察調査1692万人からの推計)
    1925年1902万人(警察調査1854万人からの推計)
    1930年2044万人(警察調査1969万人からの推計)
    1935年2221万人(警察調査2125万人からの推計)
    1940年2355万人(警察調査2295万人からの推計)

    これを見ると、補正後のデータでも1910年から1940年までに人口は1631万人から2355万人まで確かに増えています。

    30年間の人口増加率は44%、1年平均増加率は1.2%である。

    これ自体、既に山木さんが指摘しているとおり、同時期の日本の人口増加率とほぼ同じであって朝鮮の人口が急増したとはいえないわけです。

    blog*色即是空

    もちろん、これに対する反論として考えられるのは、

    【嫌韓ちゃん】「日本は、朝鮮に対しても日本と同様に扱ったため、朝鮮も日本と同様に人口が増加した」


    というものです。

    実は、この時期、日本の人口増加に日本自身が困り、海外移民や朝鮮への殖民などの人減らしを行ったり、朝鮮からの米の輸入により内地の食糧自給率を高めようとしたり(当然、朝鮮では米が不足する。いわゆる飢餓輸出の状態)するわけで、人口増加が善政の結果ではなく、むしろ当時の日本が決して先進国などではなく人口抑制ができない途上国であったことを物語っているわけですが・・・

    しかし、そういってしまうとそれなりに知識のある人たちには「確かに人口増加したからって善政とは限らんよね」と理解できるでしょうけど、嫌韓バカや、その方面の知識を専門としない普通の人たちには理解しづらいので、もう少し説明を続けます。


    ところで「日本の朝鮮統治が善政だった」という主張には、暗に「日本の統治は欧米の植民地支配とは違う善政だった」という欧米との比較が含まれています。

    そこで、じゃあ、欧米の植民地ではどうだったかを調べてみましょう。

    (この辺、嫌韓本には「人口が減った」とか色々書かれていますが、ソースが不明なもの、特定の一時期・地域の状況のみ示したものばかりで全体の傾向がわからないので、あまり役には立ちません)
    関連記事

    タグ: 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 人口, 統計, 人口増加率, 東南アジア, 中国, 誰かの妄想,

    [ 2012/07/01 ] 韓国・朝鮮史