「稲作」まで捏造している嫌韓厨・・・

元記事作者様統一教会の真実

※後半の引用箇所中の赤文字は「統一教会の真実」の管理人様によるウヨクの文章への反論。



     「稲作」まで捏造している嫌韓厨・・・(字余り)

最近、嫌韓論者が捏造した記事に「米の伝来ルート」に関するものがある。

以下

農学、植物学、生態学の分野では米の伝来ルートについては支那南部から直接伝来したという説が定説だったが、考古学、歴史学の分野では朝鮮半島経由という考え方が有力だった。

しかし、7,8年前からまず考古学の分野から変化が起き、次第に支那南部から直接伝来した説が有力になって、現在ではほぼすべての学界で定説になっている。


すべての学界ということは、ここであげられている農学、植物学、生態学、考古学、歴史学の全ての分野の事だろう。

その全ての学界で「稲作は中国南部から直接渡来した」と言う説が定説になった・・・と言うのだが、そんな事はない。

そういう説はあるが、稲作伝播のルートは複数考えられている。

静岡大学農学部の佐藤洋一郎教授は、『日本人のルーツがわかる本』(2008年、宝島社)のP76~92で、「熱帯ジャポニカ種は縄文時代に持ち込まれたが、やがて弥生人が朝鮮半島から渡来して温帯ジャポニカ種を持ち込んだ」・・・と現在の学界の有力説を説明している。

佐藤教授は、稲作のDNA研究の専門家である。

そして2008年の著作物である。
わずか4年前だ。

一体、どこが「定説だ」と言うのだろうか?

この文章がウソだらけなのは、最初から明らかである。

また支那の稲作研究界ではむしろ水稲種は日本から朝鮮半島に伝播したという説が有力になっている。


この文章を書いた人物は、中国を「支那」という戦前の軍の蔑視言葉で呼んでいる。
傲慢なレイシストである事は確かだ。

この流れが加速したのは主に2つの理由がある。

遺伝子工学の分野からの研究の成果、もう1つは支那政府機関が20年以上かけて満州で行った品種の調査だ。この2つが決定打になり朝鮮半島経由で米が伝来した可能性がなくなった。


すでに述べたがそれではなぜ、静岡大学農学部の佐藤洋一郎教授は「温帯ジャポニカは、朝鮮半島から弥生人が持ち込んだ」と述べているのだろうか?

「温帯ジャポニカは弥生時代頃に、水田耕作技術を持った人びとが、朝鮮半島のほうから日本列島に持ってきたものと考えられます。」
(『日本人のルーツがわかる本』 P84)

佐藤教授がこれを書いたのは、2008年頃である。

以下の バカげた論説をとりあえず書いておこう。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 稲作, 考古学, 韓国・朝鮮, 中国, 嫌韓, ウヨクサイトへの反論, 統一教会の真実,

[ 2012/07/05 ] 嫌韓の怪情報