[アイヌ問題] 学術的成果を悪用する回路――「純粋な民族はいない」論をめぐって

元記事作者様Danas je lep dan.



『わしズム』のアイヌ特集号を引っ張り出してみたら小林の漫画以外にも色々思うところがあったのでエントリあげるよ。

わしズム 2008年 11/29号 [雑誌]

出版社/メーカー: 小学館
発売日: 2008/10/29
メディア: 雑誌


この辺の主張を見ていて思うのは,「純粋な人種/民族」は存在しない,という,様々な学問(生物学だったり文化人類学だったり歴史学だったり)の成果が都合良く切り取られて悪用されているということ。たとえば小林は漫画の中でこう述べる。

ちなみに,ナチズムに対する反省からユネスコは1951年に人類学者を招請して「人種と人種差別の本質に関する声明」を発表。その中で「純粋な人種が存在するという証拠はない」と明言している。*1

*1:小林よしのり「国民としてのアイヌ」『わしズム』28,2008,p.19。


また,人類学者の河野本道は,こう言う。

「民族」という用語は,文化集団を意味する場合もあれば社会集団を意味する場合もある。宗教によって枠づけられる集団のこともあれば,言語によって枠づけられる集団のこともあり,それにはまた,専門用語と通俗的用語との間のずれもある。(……)日本語の「民族」という用語は非常に幅のある言葉で,使い方や解釈の仕方によっては誠に危険な言葉なのである。*2

*2:河野本道「〈アイヌ系日本国民〉を『アイヌ民族』と言えない学術的根拠」同,p.63。


そもそも,学問的には,純粋な「人種」とか純粋な「民族」の存在が認められているというわけではない。*3

*3:同。


どちらも,そこだけを取り出せば至極真っ当な見解である。だが問題は,「だから『純粋な』アイヌなんて存在しない。そもそも存在するわけがない」という,学問的には真っ当な主張が「ゆえに彼らを『アイヌ』と呼ぶことは難しい」という謎の変換をされてしまう回路にある。それを言うなら同様に「和人」「日本人」だって存在が怪しいはずなのだが,何故か彼らは「日本は単一民族国家である」*4と主張する。

*4:小林「国民としてのアイヌ」p.19。

「純粋な○○人」は存在しない,という公理がふたつの自称民族のどちらか一方にだけ当て嵌められる回路――これを差別的と言わずして何と言おう。「日本人」も「アイヌ」も自称に過ぎない。だが,学問の側が提起してきたのは単にそれだけではなく,だからこそ個々の「民族」の声に耳を傾けるべきだ,ということではなかったのか。「純粋な○○人は絶えた。お前たちは偽物だ」という主張の暴力性が,問題にされてきたのではなかったのか。まさしく,「学問の暴力」として。それは,文化人類学が通過してきた道,場所によっては今なお通過している道だというのに。彼らはこうやって学問の蓄積を台無しにする。日本人が洋服を着てiPodを使って大量の借用語を混ぜながら会話し,お祭りの時だけ法被を纏うのは許しても,アイヌが同様のことをすると「文化を失っているじゃないか」と言う,このダブルスタンダードこそが差別である。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アイヌ, 民族, アイデンティティ, 民族差別, 純血主義, 「単一民族国家」, 小林よしのり, Danas_je_lep_dan.,

[ 2012/08/05 ] アイヌ問題

ネトウヨ「チョン孫正義が震災で100億円払ったと嘘吐いた」→現実「本当に払っていました」

元記事作者様2ちゃんねるとネット右翼(ネトウヨ)ウォッチング&その分析



今更ながらですが一応取り上げます。


ネトウヨは例によって孫正義氏(元在日の帰化人)を目の敵にしてます。
なのでネトウヨがまた孫正義氏に関するデマを撒きました。
今回のネトウヨのデマはこういうものです。

http://blog.livedoor.jp/kanasen47/archives/51672826.html
2011年05月23日16:44
>100億の寄付は大嘘。偽善者・孫正義に騙される日本人


http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-66.html
>孫正義が義援金をまだ1円も払ってなかった件について
(中略)
>あと、ソフトバンクの10億どうなったんじゃボケ!
2011/12現在でもまだ寄付されていないようです。




|例によって息を吐くがごとくネトウヨはデマ・嘘をまき散らします。
|上のネトウヨの文章を読むとカイジの利根川さんの
|「クズども。やすかねぇんだ。一千万二千万という金は!!」
|という言葉が脳裏に浮かんできます…100億円という金がどれほど巨額のものか
|ネトウヨにはピンとこないようです(←ニートだからでしょうか?)。

|で…正確な情報はしかるべき所にきちんと出てました。

関連記事

タグ: 孫正義, 東日本大震災, 寄付, 民族差別, 在日韓国・朝鮮人, ウヨクサイトへの反論, 2ちゃんねるとネット右翼ウォッチング,

ネトウヨのガセ(デマ)情報(実際のヤクザの在日比率は2%程度でした)(追記あり)

元記事作者様2ちゃんねるとネット右翼(ネトウヨ)ウォッチング&その分析



以前にこういう検証ネタをあげました
http://blog.goo.ne.jp/ngc2497/e/98aaa8e20004a020ea25e212e26f9363
>ネトウヨのガセ情報(実際の在日の生活保護率は5%程度でした)


で…上に関連するネトウヨのガセ・デマに「ヤクザと街宣右翼は在日」というのがあります。
例えばそれに関してデマの具体例を典型的ネトウヨサイトから三つ程ピックアップするとこんな感じ。。。

http://ameblo.jp/lancer1/entry-10020179609.html  (←典型的ネトウヨサイト)
>東京(10月19日)―元公安調査庁の菅沼光弘氏(95年退官)が、19日、外国特派員協会で
講演し、やくざ(暴力団構成員)が単なる犯罪組織にとどまらず、日本の政治経済と密接にかかわってきた
>歴史や現状について語った。

(中略)
>また、やくざの6割を同和関係者、3割を在日韓国・朝鮮人が占めていると明らかにした。

http://www.geocities.jp/uyoku33/     (←「街宣右翼は在日」というデマを振りまく老舗サイト)
>「右翼団体の構成員」の多くは在日コリアン
>「日の丸を掲げ、天皇制を主張しているが、彼らの多くは日本国籍ではなかった」

(中略)
>在日朝鮮人による自作自演
>在日朝鮮人の立場が悪くなると、各地で自演工作が行われます


http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/446.html   (←「在日特権を許さない会」系列サイトで捏造情報満載+ネトウヨ御用達のサイト)
>右翼団体の多くは「朝鮮半島」出身者 (以下は有名な事件)



|で…上のネトウヨ連中の「ヤクザの三割は在日」というデマの大きな出所の菅沼氏の会見動画が以下↓です。

関連記事

タグ: 在日韓国・朝鮮人, 暴力団, 統計, 民族差別, 嫌韓, 産経新聞, ウヨクサイトへの反論, 2ちゃんねるとネット右翼ウォッチング,

在日の生活保護の受給率は高い?

元記事作者様児童小銃



ちょっと酷い話。去年の(今年と勘違いしてました。訂正します。)9月頃、2ch ハングル板で在日韓国・朝鮮人の生活保護受給率が非常に高いという話が出ていたようです。以下がまとめサイト。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/2487/

これは驚くべき事実! と思いきや、どうも怪しいので調べてみました。このサイトは「在日韓国、朝鮮人の5人に一人は生活保護受給者」であると主張しているのですが、これは以下の数字が元になっています。

●生活保護人員数  (厚生統計要覧13年度)
日本人             1,148,088人
日本国籍を有しない外国人  421,651人


これはにわかには信じがたい数字です。ここで参照されている統計要覧の元データは以下のものと思われます。

  • 第3-5表 被保護実人員・保護率,扶助の種類×年度別

  • 第3-10表 日本の国籍を有しない被保護実世帯数・実人員,年度別


  • これによると、平成13年度の全国の被保護実人員として 1,148,088人、平成13年度の外国人の被保護実人員として 421,651人というデータが出ていて、上の数字とは一致しているように見えます。

    しかし、よく見ると、全国のデータの表の上には(各年度1か月平均)という注意書きがあります。そして、外国人の表の被保護実人員の下には「1か月平均」という欄があり、上の数字の約12分の1にあたる 35,138人という数字があるのです。これは一体どういうことでしょう?

    結論から言うと、まとめサイトの筆者(やそのネタ元の人)は外国人の被保護人員だけ12倍に水増しした上で比較しているのです。勘違いなのか悪意があってのことかは知りませんがこれは酷いデマです。

    生活保護の被保護実人員というのは毎月の生活保護を受けた人の数を累計した延べ人数です。人口あたりの保護率を求める場合はこれを12で割った1ヶ月平均の人員を人口で割ります。第3-5表では表内に保護率を計算しているので最初から1ヶ月平均の値が書いてあるのでしょう。

    となると、外国人の被保護人員についても同様に計算しないと比較になりません。上の第3-10表によると、平成13年度の1ヶ月平均の被保護人員である 35,138 人を、平成13年の外国人登録者の総数の 1,778,462人(参照: 平成13年末現在における外国人登録者統計について)で割って*1、被保護率は約 2.0% になります*2

    *1:件のまとめサイトでは何故か 被保護人員 * (在日比率 = 在日人口 / 外国人人口) / 在日人口 というまわりくどい計算をしてますが同じことです。
    *2:普通は人口千人あたりの割合(つまりパーセントではなくパーミル)で表すようですが、わかりやすいようにパーセントにしました。

    確かに日本全体の保護率 0.9 % に比べると倍以上と高いのですが、5人に1人 ではなくその1/10の 50人に1人 です(これは外国人全体での割合です。在日限定の割合については追記その2を参照)

    これは外務省の人種差別撤廃条約第1回・第2回定期報告(仮訳)別添6.被保護外国人数の傾向ともだいたい一致します。ただしこの表は何故かあちこち文字化けしてるので注意。保護率がパーセントになっていますが、正しくはパーミルでしょう。平成9年度の全国の被保護人員 405,589人というのも、上の第3-5表と照らし合わせると 905,589人です。

    以上についてまとめサイトの著者に連絡しようと思ったのですが、連絡先がどこにも見当たりません。どうしたらいいんでしょ?

    via: 「生活保護」「在日外国人」でぐぐれ (自アン_)
    関連記事

    タグ: 在日韓国・朝鮮人, 生活保護, 統計, 民族差別, 嫌韓, ウヨクサイトへの反論, 児童小銃,

    アイヌ文化を上から目線で断罪する自称反差別主義者

    元記事作者様Danas je lep dan.



    小林よしのりがアイヌについて身勝手な暴論をさんざ吐いてきた事は既に述べたが,まあ,『わしズム』を見たらアホな記述が出るわ出るわ。


    わしズム 2008年 11/29号 [雑誌]

    出版社/メーカー: 小学館
    発売日: 2008/10/29
    メディア: 雑誌


    時間がないからちょっとだけdisる。

    今さら熊送りの儀式や女性の口の周囲のイレズミを復活させられるわけもない。

    時代の変化に耐えられる文化は放っておいても残るし因習は消えていくのが自然である。(p.49)


    このコマには,仔熊に向けて矢を放つアイヌの男たちと,口の周りに入れ墨をしたアイヌの女たちの絵が描かれている。

    え? 熊送りを「因習」「消え去るべきもの」扱いですか? 何だそれ。んなもんは和人の価値観だろ。
    関連記事

    タグ: アイヌ, 文化差別, 民族差別, 捕鯨問題, 小林よしのり, Danas_je_lep_dan.,

    [ 2012/07/15 ] アイヌ問題