そもそも「集団自決」は、25年前に文部省が強制して書かせたもの

元記事作者様安禅不必須山水



例によって正式の「命令書」(ニヤリ) はないが。

そもそも沖縄の「集団自決」は文部省が強制してかかせたもの、らしい。

事は25年前、1981~82年のころ

334-沖縄の「集団自決」からみえてくるもの
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/byakuya/334.htm
より


 1982年、沖縄戦に関する教科書検定が最初に大きな問題となった。81年度の検定で江口圭一愛知大学教授が教科書原稿にはじめて、《6月までつづいた戦闘で、戦闘員約10万人、民間人約20万人が死んだ。鉄血勤皇隊・ひめゆり隊などに編成された少年少女も犠牲となった。また、戦闘のじゃまになるなどの理由で、約800人の沖縄県民が日本軍の手で殺害された。》と記述したことに対し、検定意見は「数字の根拠は確かでない」、「日本軍の手で殺害されたということ自体疑義がある」、「出典の沖縄県史は一級史料ではなく、回顧談や体験談を集めたもので、学者の研究書ではない」などの理由で日本軍による住民殺害の事実を否定したために、《6月までつづいた戦闘で、軍人・軍属約94000人(うち沖縄県出身者約28000人、鉄血勤皇隊・ひめゆり部隊などに編成された少年少女をふくむ)一般住民約94000人が犠牲となった。県民の死者は県人口の約20%に達する。》と修正し、検定をパスした。


 この「県民殺害」の削除に対し、日本中で大きな抗議運動が起こり、9月4日には沖縄県議会は、「県民殺害は否定することのできない厳然たる事実であり、特に過ぐる大戦で国内唯一の地上戦を体験し、一般住民を含む多くの尊い生命を失い、筆舌に尽くしがたい犠牲を強いられた県民にとって、歴史的事実である県民殺害の記述が削除されることはとうてい容認しがたいことである」という全会一致の意見書を採択して抗議した。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 沖縄, 沖縄戦, 沖縄集団自決, 歴史教科書, 文部科学省, 安禅不必須山水,

[ 2012/08/13 ] 沖縄問題

世界の歴史教科書における太平洋戦争の記述

元記事作者様社会問題リンク集



各国の代表的な歴史教科書における記述の抜粋

【中国】【台湾】【韓国】【フィリピン】【シンガポール】【インドネシア】

--------------------------------------------------------------------------------

【中国】

 ●日本帝国主義はなぜ一歩一歩中国に侵入できたのか

 1929年、資本主義世界に深刻な経済危機が発生し、日本帝国主義は経済危機を脱するために、中国への侵略のステップを速めた。東北に駐屯する関東軍は、31年9月18日夜、南満州鉄道柳条湖の1区間の線路を爆破し、逆に中国の軍隊が破壊した、と事実無根のことを言った。彼らはこれを口実に、東北軍の駐屯地を砲撃し、瀋陽の町を占領した。これが「918事変」である。

 ●蘆溝橋事変とは何か

 37年7月7日夜、日本侵略軍は北平西南の蘆溝橋に向かって侵攻し、かねて謀っていた全面的中国侵略戦争を開始した。中国の軍隊は奮起し抵抗し、全国的な抗日戦争がここから勃発した。「蘆溝橋事変」、またの呼び名は「77事変」である。

 ●南京大虐殺

 日本軍は南京を占領した後、南京の人民に対し、血なまぐさい大虐殺を行い、大きな罪を犯した。ある者は射撃練習の的にされ、ある者は試し切りの対象にされ、ある者は生き埋めにされた。戦後の極東国際軍事法廷の統計によると、南京占領後6週間のうちに殺戮された無抵抗な中国住民と武器を捨てた兵士は、30万人以上に達した。

(初等中学校教科書「中国歴史 第4巻」=人民教育出版社)


【台湾】

 ●日本の権力支配

 1895年の台湾総督府成立後、日本政府は台湾に対し不平等待遇政策をとり、また総督が行政、立法、司法、軍事大権を総攬する総督専制の体制を作った。

 ●皇民化運動

 1937年中日戦争が勃発し、台湾は日本の南進政策の基地となった
兵力の供給源問題を解決するため、日本は「皇民化運動」を実施した。台湾人が日本式の生活習慣を身につけることを奨励し、日本語を話し、日本姓に改め、日本の神々をまつるなどの方式で台湾人の同化に拍車をかけ、日本国民の愛国心と犠牲的精神を持たせた
 太平洋戦争勃発後「皇民奉公会」が成立して、台湾人民を戦時体制に組み入れ、その後さらに台湾において徴兵制を実施し、日本軍の侵略性と暴力文化が存分に現れ出た

(国民中学3年下期「社会3の下」=仁林文化社)
関連記事

タグ: 中国, 台湾, 韓国・朝鮮, 東南アジア, 歴史教科書, 太平洋戦争, 侵略, 日本軍の蛮行, 「アジア解放」,

[ 2012/06/12 ] 「アジア解放」

[太平洋戦争] アジア各国教科書の記述

元記事作者様アンチ「ゴー宣」



フィリピン 高等学校用「フィリピン国の歴史」(一九八一年版)

「日本軍の残酷さ-とくに地方での女性に対する邪悪な扱い-は、多くの市民がゲリラになる要因の一つであった。ゲリラ活動の広がりを危険視した日本軍は、フィリピン市民に対して残酷さをいっそう加えるようになった。多くのフィリピン人は、有罪無罪を問わず捕らえられ、サンディアゴ砦や、日本軍が接収し刑務所とした他の施設に送られた。家に戻ることができた者にしても、不自由な身体となっていた。」


インドネシア 中学校用「社会科学・歴史科 第五分冊」(一九八八年版)

「当初、日本軍の到来はインドネシア民族に歓迎された。インドネシア民族は、長く切望した独立を日本が与えてくれるだろうと期待した。
 どうしてインドネシア民族は、このような期待を持ったのだろうか。それは日本がやってきてまもなく、つぎのような宣伝を展開したからである。

 -日本民族はインドネシア民族の「兄」である。日本がきた目的は、インドネシア民族を西洋の植民地支配から解放することである。
 -日本は「大東亜の共栄」のために開発を実施する。

 その実体はどうであったか。日本時代にインドネシアの民衆は、肉体的にも精神的にも、並はずれた苦痛を体験した。日本は結局独立を与えるどころか、インドネシア民衆を圧迫し、搾取したのだ。その行いは、強制栽培と強制労働時代のオランダの行為を超える、非人道的なものだった。資源とインドネシア民族の労働力は、日本の戦争のために搾り取られた。」


タイ 中学二年生用 社会科教育読本「歴史学 タイ2」(一九八〇年版)

「タイ人の多くは、日本がタイを占領し、横行することに不満を感じていた。タイ人グループの中には、日本と同盟関係を持つという政府の方針に反対するものもあった。これら一般民衆グループには、連合国から遣わされたリーダーがいたものと思われる。(後略)
 在英タイ人留学生の大部分は運動(koβ註:自由タイ運動、反日独立運動のこと)に参加し、イギリス政府の援助を受けた。アーナンタ・マヒドーン王の名代であるプリディ・パノムヨン摂政は、タイ国内に抗日地下部隊を設立した。そしてアメリカやイギリスの自由タイ運動と連絡を取り、様々な行動を起こした。例えば、日本の兵力や動向に関する情報を連合国側に提供したり、破壊行為によって日本の通行を妨害したり、また、日本兵を拘引したりして連合国を援助した。」
関連記事

タグ: 東南アジア, 歴史教科書, 太平洋戦争, 侵略, 日本軍の蛮行, 「アジア解放」, アンチ「ゴー宣」,

[ 2012/05/23 ] 「アジア解放」