李氏朝鮮の清国に対する美女三千人の朝貢について

元記事作者様ポンニチのコピペ(´・ω・`)



6 :李氏朝鮮の清国に対する美女三千人の朝貢(´・ω・`) :2006/03/17(金) 17:55:04.29 ID:JApsHT24O

>「朝鮮国王は清の皇帝によって任命されること。
>朝鮮国内で起こった事件の委細については、すべて皇帝に報告しなければならないこと。
>清の使節に対して、国王はソウル城門の外まで出迎えなければならないこと。
>朝鮮国王の地位は、清国廷臣の下にあること。
>朝鮮政府には、貨幣の鋳造権がないこと。

>細かく定められた清への贈り物以外に、
>毎年、牛三千頭、馬三千頭、各地の美女三千人を選り抜き、清国に朝貢することが義務づけられていた。」


このコピペの
>各地の美女三千人を選り抜き、清国に朝貢することが義務づけられていた。
という記述について。

http://soutokufu.s145.xrea.com/index.php?%C3%C6%CC%F4%B8%CB%2F%A1%D6%C8%FE%BD%F7%BB%B0%C0%E9%BF%CD%A1%D7%B9%D7%C7%BC%B8%C0%C0%E2%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6
より抜粋する。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 韓国・朝鮮, 中国, 朝貢, 性奴隷制, 黄文雄, 捏造コピペ, ポンニチのコピペ,

[ 2012/06/16 ] 韓国・朝鮮史