嫌韓厨が示す朝鮮の人口推移データを考察する

元記事作者様誰かの妄想



韓国併合(日韓併合)を正当化するどころか善政だったと嘯くバカが用いる根拠として、植民地朝鮮の人口増データがあります。

嫌韓厨らが良く用いるデータを下記に示します。


http://www.geocities.jp/kankokuchousen/kankoku-003.html
1753年  730万人  -
1850年  750万人  -
1906年  980万人 朝鮮は日本の保護国へ
1910年 1312万人 日韓併合条約
1920年 1691万人  -
1930年 1968万人  -
1940年 2295万人  -
1945年 2512万人 日本の敗戦
2004年 7130万人 韓国・48,598,175、朝鮮・22,697,553



このうち、1906年までの統計は正確さに大きな疑問があるので、本来ならそのまま使えません。


大体、1906年に980万人だった人口が、たった4年で1312万人になったということをそのまま信じるほうがおかしいわけですが、嫌韓バカにはそれがわかりません。


ありえない想定ですが、仮に4年間に誰も死ななかったとしましょう。すると、4年間に生まれた子供の数は332万人ということになります。


980万人全てが出産可能な年代の男女だったとして、490万組の夫婦がいたと仮定すれば、4年間に332万人の新生児が生まれることはありえるかもしれませんが・・・。
そんな人口構成はまずありえませんね。


もう少し現実的な想定をすれば、980万人の半数が女性として(490万人)とした場合、4年間で330万人の子供を生むためには、たとえば、以下の条件が必要です。


女性1人が生涯に出産する人数=5人
女性の平均寿命=30歳


(むちゃくちゃ簡単な計算でシミュレートしてみると、

4年間に生まれる子供の数=490万人×(5人÷30年)×4年=327万人

となり、大体330万人と一致します。)


しかし、この場合、朝鮮の成人女性のほとんど(1/3~1/2)は妊娠中であることになりますから、やはり無理がありますねえ・・・。
どんだけベビーブームだったんだか・・・・。
ちなみに、この仮定では4年間に1人も死者がいないことになってますが、これも無理がありますね。


自然増加以外に考えられる可能性としては、国外からの流入ですが、わずか4年で数十万人規模の流入があったというのも無理があります(この時期(1906年~1910年)最も増えた外国人は日本人ですが、4年間でわずか8万人程度にすぎません)。


まあ、ここまで回りくどい記述になりましたが、要するに言いたいのは、

「1906年の韓国人口980万人は、信頼できる数字ではない」

ということです。

すると、
1753年 730万人
1850年 750万人


も人口統計としては信頼できないことが予測できますね。


ところで、「朝鮮の歴史」(朝鮮史研究会編、三省堂、1995)によると、1717年の政府統計では、全国人口は682万9771口(154万7709戸)であるとされています(P184)。
ここから、上記の1753年、1850年データは、政府統計によるものであろうと想像できますが、そもそもこの政府統計は全人口を知るのに適しているのかどうか疑問です。
というのも、政府の人口統計は徴税を目的としているため、幼児や老人、白丁などの被差別民が含まれていない可能性があるからです。
実際、ネットで調べてみると以下の論文を見つけました。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 人口, 統計, 日露戦争, 捏造コピペ, 誰かの妄想,

[ 2012/06/09 ] 韓国・朝鮮史