アイヌ文化を上から目線で断罪する自称反差別主義者

元記事作者様Danas je lep dan.



小林よしのりがアイヌについて身勝手な暴論をさんざ吐いてきた事は既に述べたが,まあ,『わしズム』を見たらアホな記述が出るわ出るわ。


わしズム 2008年 11/29号 [雑誌]

出版社/メーカー: 小学館
発売日: 2008/10/29
メディア: 雑誌


時間がないからちょっとだけdisる。

今さら熊送りの儀式や女性の口の周囲のイレズミを復活させられるわけもない。

時代の変化に耐えられる文化は放っておいても残るし因習は消えていくのが自然である。(p.49)


このコマには,仔熊に向けて矢を放つアイヌの男たちと,口の周りに入れ墨をしたアイヌの女たちの絵が描かれている。

え? 熊送りを「因習」「消え去るべきもの」扱いですか? 何だそれ。んなもんは和人の価値観だろ。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アイヌ, 文化差別, 民族差別, 捕鯨問題, 小林よしのり, Danas_je_lep_dan.,

[ 2012/07/15 ] アイヌ問題

自滅する捕鯨 (オーストラリアの反捕鯨は保守か革新か)

元記事作者様シートン俗物記



既視感のある風景。

・捕鯨めぐり日豪ネット摩擦 YouTube動画にコメント1万5000件(IT media News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/09/news061.html

動画は「白豪主義オーストラリアと反捕鯨」というタイトルで約10分間。豪州の人種差別問題やディンゴ(野犬の一種)の虐殺などについて画像や動画を、英語と日本語の解説文入りで紹介し、「豪州は日本人への差別意識から日本の捕鯨に反対している」などと批判している。


・捕鯨問題で「豪批判」動画 YouTubeで日豪サイバーバトル(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2008/01/08015346.html

動画の内容は、日本の調査捕鯨に猛烈に反発する豪州政府の方針などを痛烈に批判するもので、豪州での人種差別暴動やディンゴやカンガルーといった動物の虐殺映像を使って、豪州人が持つ日本人や捕鯨への「差別」を克明に描いたものだ。

そこでは、人種差別運動の様子、殺されるディンゴ、白人男性がカンガルーの母親のお腹の袋から赤ちゃんカンガルーを取り出して足で踏みつぶす様子、さらには「鯨のフルコース」を注文した日本人男性が銛で刺し殺されるCMなどが流され、「次の犠牲者は日本人ですか?」「豪州は最も多くの動物を殺す国だ」「カンガルー殺しは残酷じゃないの?」といったメッセージが添えられている。


こういう事を忘れたのだろうか。

・「従軍慰安婦」問題 「20世紀最大の人権蹂躙」なのか(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2007/06/27008781.html

この「自爆」行為によって、世界各国での非難決議をアシストする事になったのだが、今回は捕鯨で同じ状況に陥る事となっている。
捕鯨に関しては、拙ブログでも何回か取り上げているので、そちらにも目を通して頂くとして

・「白豪主義オーストラリアと反捕鯨」
http://www.youtube.com/watch?v=e8lvep0-Ii0


の何が問題なのか示していこう。
まず、核心をついてしまうが、
関連記事

タグ: 捕鯨問題, オーストラリア, 動物, 環境保護, 人種差別, 誤爆・自爆, YouTubeのトンデモ動画,

[ 2012/06/30 ] 捕鯨問題

[捕鯨問題] 日本人だけが知らない事実

元記事作者様ここがヘンだよ肉食大国ニッポン!



日本では報道されない事実がある。

200704_06_98_e0066698_7265345.jpg

2月に火災を起こした日新丸が南極海でとった態度、
世界中で非難されており、諸外国に住む日本人がどれだけ恥ずかしい目にあっているか、
日本に住むみなさんはご存知ないだろうとおもう。


捕鯨推進国日本では、都合の良いことばかり報道され、
その情報コントロール力はさながら北朝鮮なみである。

過去に起きた商業的な捕鯨によるクジラの乱獲への反省から、
南半球のインド洋や南極海は国際捕鯨委員会でクジラ保護区として定められ、
その海域での捕鯨は永久的に禁止されています。

基本的に多くの捕鯨が自国海域の近くで行われています。
しかし、世界最大規模の捕鯨が現在も行われているのが
南極のクジラ保護区の中という奇妙な現象がおきているのも事実です。
そしてその場所で捕鯨を行っているのが日本の捕鯨船なのです。

捕鯨に都合よく工作する日本はこれらの環境保護団体を非難し、
火災のオイル漏れなどから周辺の海を汚染する可能性あるなどということは
一切触れていない。

諸外国ではこちらのほうが問題になっているのだ。
関連記事

タグ: 捕鯨問題, 南極海, 海洋汚染, 情報統制, マスコミ, 海外の声, 環境保護団体,

[ 2012/05/20 ] 捕鯨問題