日本の真実、レイプ事件を隠す日本警察、ストリートベット社に乗っていた事実、日本の分析

元記事作者様日本の真実



ストリートベット社に上って来た文です。いつも感じていた内容なのに、まとめた日本人?がありますね。


================================================== =========


韓国は強姦世界1位だ。
韓国は整形大国だ。
韓国の男性性器のサイズは9cmだ?


////////////////////////////////////////////////// ///////////


日本国内の強姦申告率の低い理由...性暴力センターもない日本


http://www.youtube.com/watch?v=NtDcQy7qz-0


BreezyBrisbane(2か月前)コメントを表示非表示+5
と!オタク、
日本では強姦が飯ごう法的なんだ。
警察のやつらは何もしません。
多くのやつらが、日本が安全だと誤解するが、
日本の警察が、ほとんどの犯罪を隠して表示しない可能性だけだよ!


////////////////////////////////////////////////// //////////////////

日本人が書いた日本の現実


注:1。韓国にケチをつけるには私たち日本の実際の現実。


ホームレス推定36万7千人
引きこもり160万人(人口の1.5%)
刑務所の収容者8万2000人(現在のスヨンユル113%飽和状態)
完全失業者348万人
失業備える者455万人
生活保護世帯数88万3千世帯146万人
精神疾患ウルファビョン患者387万人
自殺者3万2000人
認知症の増資269万人
フリーアルバデータ403万人
派遣契約511万人
パート1196万人
フリーアルバデータと正社員との生涯賃金格差1億5000万円以上(終身計算)



注2。日本が常に揚げ足をとる日本国内で韓国人の犯罪統計。


日本の2004年の外国人犯罪の2万2千人
摘発件数4万7千件

殺人40件。強盗269件。窃盗2万7千件
財産被害が65億円

外国人犯罪者たちが組織化されており、日本のヤクザ』との役割分担率

中国人の36%

トルコ人16%

ブラジルの15%

韓国人の7%


人口別の犯罪率は、日本人に比べて、韓国人は10分の1以下のレベル。


1)日本国内の犯罪サゴンス。中国人、韓国人、日本人の比較。
中国人:4444件韓国:496件日本人:370877件

2)一人当たりの犯罪発生率。
中国人:0.424%韓国:0.024%日本人:0.291%

3)本国(日本)であることに比べて、在日朝鮮人の犯罪への過大報道率が10倍以上

- http:/ / bbs.enjoyjapan.naver.com / tbbs / read.php?board_id = ttalk&page = 3&nid = 299871

- http:/ / www.jref.com / society / foreign_crime_in_japan.shtml

- by Japan 's National Police Agency(NPA)

過去の日本はこのようなデマを介してグァンドンデジジンテ朝鮮人を虐殺していた。


しかし、


注3。心をチュスリゴ、日本の現実を冷静に見ると、


韓国:世界の人権1評価

日本:世界の人権3スター(特別監視対象国)

http://www.state.gov/g/tip/rls/tiprpt/2004/33.htm187


いくら..いくら..考えても、日本人が韓国人を嘲笑することは無理みたいに見えます。


さらに国際的なインターポールの発表の統計によると、韓国の日本国内犯罪率は、

中国の犯罪率の10%以下です。

さらに、人口別の犯罪発生率は、日本人よりもはるかに少なくなっています。驚きです。


2002年に国際的なインターポールの発表の統計を引用する。


1)日本国内の犯罪サゴンス。中国人、韓国人、日本人の比較。
中国人:4444件韓国:496件日本人:370877件

2)一人当たりの犯罪発生率。
中国人:0.424%韓国人:0.024日本人:0.291

http://cafe.naver.com/ArticleRead.nhn?clubid=10719419&menuid=89&listtype=M&boardtype=L&page=&articleid=4338

..真実は、このように厳しいものです。


これで、OECDの性犯罪のデータを見てみましょう。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 犯罪発生率, 性犯罪, 統計, 暗数, 警察, 性暴力対策, 嫌韓, 動画,

[ 2012/06/19 ] 犯罪問題

性的被害発生率について: 日本とドイツの比較研究

元記事作者様はてな匿名ダイアリー



http://ci.nii.ac.jp/naid/110004476325

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004830444

性的被害に関する数多くの(アメリカ合衆国の)被害者研究が不正確且つ矛盾しているにせよ、それらがそれでも証明していることは、性犯罪、性的嫌がらせの広がりが、調査研究前の予測よりも明らかに大きいということである。それらも議論の客観性を高めるのに役立ちうるのである。強姦にまで至る様々な被害が幅広く見られ、それは被害者に様々な損傷を与えるのである。本調査は、これが、日本のような「低犯罪率の国々」にも当てはまることが証明できた。性的被害に関して、日本の犯罪発生率はどうやら西側の工業諸国と変わらないようである。社会的近接領域における暴力被害に関して、とりわけ、重い被害体験に関しては、むしろもっと高いのである。


日本とドイツで女子大学生・看護士養成学校の生徒に対して行われた匿名書面質問調査の結果。
関連記事

タグ: 性犯罪, 犯罪発生率, アンケート, 性暴力対策, ドイツ,

[ 2012/06/15 ] 犯罪問題

日本の性犯罪はあまりに多く、ただ隠蔽されているだけです。

元記事作者様あなたは悪くない



「日本は性犯罪が少ない」と思われている方々へ。
少ないどころか、あまりに多く、そして隠されていることを、どうか知ってください。

性犯罪が少ない、という根拠として、警察の認知件数を見ていらっしゃることと思います。

ですが、警察は基本的に「強姦神話」とおりのものしか事件として扱いません。
つまり、見知らぬ人による、夜道や自宅侵入、というケースです。
対して、相談機関に寄せられる相談(つまり安心して相談できるところ)では、7割から9割が顔見知りによる犯行です。

内閣府の調査結果がこれを反映しています。他国の事情と何ら変わりはないです。
ですがこれは女性への暴力に関する調査ですので、調査対象に男性が含まれていません。

H18年
http://www.gender.go.jp/dv/pdf060424/h18report2-5.pdf

H21年
http://www.gender.go.jp/e-vaw/chousa/images/pdf/h21report2-5.pdf
関連記事

タグ: 性犯罪, 犯罪発生率, 統計, 暗数, 性暴力対策,

[ 2012/05/24 ] 犯罪問題