四方氏の研究 (韓国・朝鮮の両班について)

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



嫌韓バカが李氏朝鮮時代を誹謗するのに良く使われる史料として、京城帝国大学教授の四方博氏の研究がある。

以下の表は有名なので、見たことも多いかと思う。


身分別戸数とその比率(大邱、慶尚道)


 両班戸(%)常民戸(%)奴婢戸(%)総数(%)
1690年2909.2%169453.7%117237.1%3156100%
1729・32年57918.7%168954.6%82426.6%3092100%
1783・86・89年105537.5%161657.5%1405.0%2811100%
1858年209970.3%84228.2%441.5%2985100%

(「両班 李朝社会の特権階層」宮嶋博史、中公新書、1995、P198)


身分別人口数とその比率(大邱、慶尚道)


 両班(%)常民(%)奴婢(%)総数(%)
1690年10277.4%689449.5%599243.1%13913100%
1729・32年226014.8%806652.8%494032.4%15266100%
1783・86・89年392831.9%641552.2%195715.9%12300100%
1858年641048.6%265920.1%412631.3%13195100%

(「両班 李朝社会の特権階層」宮嶋博史、中公新書、1995、P199)

これを引用して、李朝末期の朝鮮は人口の半分が両班で異常な社会であったと主張する嫌韓バカが多い。ネット嫌韓だけじゃなく、右翼ロビイストも同様の主張をしている。例えば、嫌韓ロビイストの中ではまだまともな方と思える呉善花であるが、著書「韓国併合への道」P23-24で以下のように述べている。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 韓国・朝鮮, 両班, 身分制度, 人口, 呉善花, 崔基鎬, 誰かの妄想,

[ 2012/07/08 ] 韓国・朝鮮史