在日の生活保護の受給率は高い?

元記事作者様児童小銃



ちょっと酷い話。去年の(今年と勘違いしてました。訂正します。)9月頃、2ch ハングル板で在日韓国・朝鮮人の生活保護受給率が非常に高いという話が出ていたようです。以下がまとめサイト。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/2487/

これは驚くべき事実! と思いきや、どうも怪しいので調べてみました。このサイトは「在日韓国、朝鮮人の5人に一人は生活保護受給者」であると主張しているのですが、これは以下の数字が元になっています。

●生活保護人員数  (厚生統計要覧13年度)
日本人             1,148,088人
日本国籍を有しない外国人  421,651人


これはにわかには信じがたい数字です。ここで参照されている統計要覧の元データは以下のものと思われます。

  • 第3-5表 被保護実人員・保護率,扶助の種類×年度別

  • 第3-10表 日本の国籍を有しない被保護実世帯数・実人員,年度別


  • これによると、平成13年度の全国の被保護実人員として 1,148,088人、平成13年度の外国人の被保護実人員として 421,651人というデータが出ていて、上の数字とは一致しているように見えます。

    しかし、よく見ると、全国のデータの表の上には(各年度1か月平均)という注意書きがあります。そして、外国人の表の被保護実人員の下には「1か月平均」という欄があり、上の数字の約12分の1にあたる 35,138人という数字があるのです。これは一体どういうことでしょう?

    結論から言うと、まとめサイトの筆者(やそのネタ元の人)は外国人の被保護人員だけ12倍に水増しした上で比較しているのです。勘違いなのか悪意があってのことかは知りませんがこれは酷いデマです。

    生活保護の被保護実人員というのは毎月の生活保護を受けた人の数を累計した延べ人数です。人口あたりの保護率を求める場合はこれを12で割った1ヶ月平均の人員を人口で割ります。第3-5表では表内に保護率を計算しているので最初から1ヶ月平均の値が書いてあるのでしょう。

    となると、外国人の被保護人員についても同様に計算しないと比較になりません。上の第3-10表によると、平成13年度の1ヶ月平均の被保護人員である 35,138 人を、平成13年の外国人登録者の総数の 1,778,462人(参照: 平成13年末現在における外国人登録者統計について)で割って*1、被保護率は約 2.0% になります*2

    *1:件のまとめサイトでは何故か 被保護人員 * (在日比率 = 在日人口 / 外国人人口) / 在日人口 というまわりくどい計算をしてますが同じことです。
    *2:普通は人口千人あたりの割合(つまりパーセントではなくパーミル)で表すようですが、わかりやすいようにパーセントにしました。

    確かに日本全体の保護率 0.9 % に比べると倍以上と高いのですが、5人に1人 ではなくその1/10の 50人に1人 です(これは外国人全体での割合です。在日限定の割合については追記その2を参照)

    これは外務省の人種差別撤廃条約第1回・第2回定期報告(仮訳)別添6.被保護外国人数の傾向ともだいたい一致します。ただしこの表は何故かあちこち文字化けしてるので注意。保護率がパーセントになっていますが、正しくはパーミルでしょう。平成9年度の全国の被保護人員 405,589人というのも、上の第3-5表と照らし合わせると 905,589人です。

    以上についてまとめサイトの著者に連絡しようと思ったのですが、連絡先がどこにも見当たりません。どうしたらいいんでしょ?

    via: 「生活保護」「在日外国人」でぐぐれ (自アン_)
    関連記事
    スポンサーサイト

    タグ: 在日韓国・朝鮮人, 生活保護, 統計, 民族差別, 嫌韓, ウヨクサイトへの反論, 児童小銃,