人口増加は善政の証という勘違い

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



前回は、日本の朝鮮統治善政の根拠として嫌韓バカが用いる人口推移データに対して、若干の考察を以て補正してみたわけですが、

嫌韓厨が示す朝鮮の人口推移データを考察する|誰かの妄想


もちろん、嫌韓バカは「日本統治期間中に人口が増加していることは変わらないじゃないかwww」とか言って嘲笑するのでしょうが(そもそも怪しげなデータを使っての主張を恥ずべきなのだが、嫌韓バカの辞書が落丁が多く「恥」という字が存在しないので指摘しても無駄)、これには続きがあります。


朝鮮の人口推移

朝鮮人口(推計)備考
1717年1500万人(朝鮮政府統計683万口からの推計)
1753年1600万人(嫌韓提示資料(朝鮮政府統計?)730万人からの推計)
1777年1804万人(崔基鎬による韓国教科書からの引用)
1850年1650万人(嫌韓提示資料(朝鮮政府統計?)750万人からの推計)
1877年1689万人(崔基鎬による韓国教科書からの引用)
1910年1631万人(警察調査1313万人からの推計)
1915年1703万人(警察調査1596万人からの推計)
1920年1763万人(警察調査1692万人からの推計)
1925年1902万人(警察調査1854万人からの推計)
1930年2044万人(警察調査1969万人からの推計)
1935年2221万人(警察調査2125万人からの推計)
1940年2355万人(警察調査2295万人からの推計)

これを見ると、補正後のデータでも1910年から1940年までに人口は1631万人から2355万人まで確かに増えています。

30年間の人口増加率は44%、1年平均増加率は1.2%である。

これ自体、既に山木さんが指摘しているとおり、同時期の日本の人口増加率とほぼ同じであって朝鮮の人口が急増したとはいえないわけです。

blog*色即是空

もちろん、これに対する反論として考えられるのは、

【嫌韓ちゃん】「日本は、朝鮮に対しても日本と同様に扱ったため、朝鮮も日本と同様に人口が増加した」


というものです。

実は、この時期、日本の人口増加に日本自身が困り、海外移民や朝鮮への殖民などの人減らしを行ったり、朝鮮からの米の輸入により内地の食糧自給率を高めようとしたり(当然、朝鮮では米が不足する。いわゆる飢餓輸出の状態)するわけで、人口増加が善政の結果ではなく、むしろ当時の日本が決して先進国などではなく人口抑制ができない途上国であったことを物語っているわけですが・・・

しかし、そういってしまうとそれなりに知識のある人たちには「確かに人口増加したからって善政とは限らんよね」と理解できるでしょうけど、嫌韓バカや、その方面の知識を専門としない普通の人たちには理解しづらいので、もう少し説明を続けます。


ところで「日本の朝鮮統治が善政だった」という主張には、暗に「日本の統治は欧米の植民地支配とは違う善政だった」という欧米との比較が含まれています。

そこで、じゃあ、欧米の植民地ではどうだったかを調べてみましょう。

(この辺、嫌韓本には「人口が減った」とか色々書かれていますが、ソースが不明なもの、特定の一時期・地域の状況のみ示したものばかりで全体の傾向がわからないので、あまり役には立ちません)
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 人口, 統計, 人口増加率, 東南アジア, 中国, 誰かの妄想,

[ 2012/07/01 ] 韓国・朝鮮史