日中戦争における中国側犠牲者数の考察

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



こと歴史、特に近代史に関する限り、wikipediaが当てにならないのは今に始まったことではないのだが。

反中バカが、中国人犠牲者数が年々増えている、と主張している根拠(らしきもの)がこれ。

発表年 犠牲者数 調査・出典 補足

終戦時 132万 GHQ調査・発表 国民革命軍のみ

終戦時 132万 国民党政府調査・発表 国民革命軍のみ

1948年 438万 国民党政府報告書 1948年までの確認数(【注意!】この時加算された犠牲者数の中には日中戦争終戦後に勃発した国共内戦などでの犠牲者数が含まれていることに注意)

1950年代 1000万 共産党政権発表

1970年 1800万 共産党政権発表

1985年 2100万 共産党政権発表(抗日勝利40周年) これ以後 博物館や教科書で公式数字となる

1998年 3500万 江沢民発表 江沢民氏の演説で発言後、南京大虐殺記念館での公式数字となる

2005年 5000万 卞修躍博士発表(抗日勝利60周年)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E6%88%A6%E4%BA%89#.E4.B8.AD.E5.9B.BD.E5.8B.A2.E5.8A.9B.E3.81.AE.E7.8A.A0.E7.89.B2.E8.80.85.E6.95.B0


まあ、132万人が「国民革命軍のみ」と書いてるだけまだ良心的と言えるかも知れない*1

*1:例のFAQの連中は、それすら言及してなかったし。

しかし、それ以外は、出典すら明らかでないものもあり、死者なのか死傷者なのか犠牲者なのかすら不明瞭という比較以前の問題というひどいものである。

そこで、出典などをこちらで調べてみた。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 日中戦争, 犠牲者数, 統計, 中国, 中国国民党, 中国共産党, ウィキペディアのデマ, 誰かの妄想,

[ 2012/06/22 ] 戦争