実際の理由はさておき、その歴史の不勉強さだけでも更迭に値した田母神前航空幕僚長

元記事作者様BI@K accelerated: hatena annex, bewaad.com



最高幹部の歴史知識がこの程度とは自衛隊の恥でしかなく、そもそもここまで昇進させたことが間違いなのでしょうけれど、更迭は必然といいますか、更迭させなければ政府の信認に関わる大問題となっていたことでしょう。ついつい次のジョークを思い出してしまいました。

赤の広場で、酔っ払いが、「ブレジネフはバカだ!」と叫んでいた。すぐにKGBがやって来て、酔っ払いを逮捕し、懲役22年を言い渡した。国家侮辱罪で2年、国家機密漏洩罪で20年。


アネクドート - Wikipedia

どのような点において歴史知識に誤りがあるか、特にひどい点について以下。

アメリカ合衆国軍隊は日米安全保障条約により日本国内に駐留している。これをアメリカによる日本侵略とは言わない。二国間で合意された条約に基づいているからである。我が国は戦前中国大陸や朝鮮半島を侵略したと言われるが、実は日本軍のこれらの国に対する駐留も条約に基づいたものであることは意外に知られていない。


田母神俊雄「日本は侵略国家であったのか」

満洲事変は?

我が国は満州も朝鮮半島も台湾も日本本土と同じように開発しようとした。当時列強といわれる国の中で植民地の内地化を図ろうとした国は日本のみである。我が国は他国との比較で言えば極めて穏健な植民地統治をしたのである。満州帝國は、成立当初の1932 年1月には3千万人の人口であったが、毎年100万人以上も人口が増え続け、1945年の終戦時には5千万人に増加していたのである。満州の人口は何故爆発的に増えたのか。それは満州が豊かで治安が良かったからである。侵略といわれるような行為が行われるところに人が集まるわけがない。農業以外にほとんど産業がなかった満州の荒野は、わずか15年の間に日本政府によって活力ある工業国家に生まれ変わった。朝鮮半島も日本統治下の35年間で1千3百万人の人口が2千5百万人と約2倍に増えている「朝鮮総督府統計年鑑」。日本統治下の朝鮮も豊かで治安が良かった証拠である。


田母神俊雄「日本は侵略国家であったのか」

まず、侵略と統治の良否は独立した問題です。侵略後の統治が仮によかったからといって、侵略をしたかどうかの判断が変わるものではありません。また、人口の増加については、scopedogさんが欧米諸国の植民地との比較をされていますが、別に満洲・朝鮮だけにおいて顕著に人口の増加があったわけではありません。

これを当時の列強といわれる国々との比較で考えてみると日本の満州や朝鮮や台湾に対する思い入れは、列強の植民地統治とは全く違っていることに気がつくであろう。イギリスがインドを占領したがインド人のために教育を与えることはなかった。インド人をイギリスの士官学校に入れることもなかった。もちろんイギリスの王室からインドに嫁がせることなど考えられない。


田母神俊雄「日本は侵略国家であったのか」

19世紀にはインド各地でインド人向けの教育制度が大学に至るまで整備されていましたし(有名どころでラマヌジャンぐらい知っていてもよさそうなものですが)、インド人士官であるKCIOはイギリス人士官であるKCOと同等だったのですが。

さて日本が中国大陸や朝鮮半島を侵略したために、遂に日米戦争に突入し3百万人もの犠牲者を出して敗戦を迎えることになった、日本は取り返しの付かない過ちを犯したという人がいる。しかしこれも今では、日本を戦争に引きずり込むために、アメリカによって慎重に仕掛けられた罠であったことが判明している。実はアメリカもコミンテルンに動かされていた。ヴェノナファイルというアメリカの公式文書がある。(略)これによれば1933年に生まれたアメリカのフランクリン・ルーズベルト政権の中には3百人のコミンテルンのスパイがいたという。その中で昇りつめたのは財務省ナンバー2の財務次官ハリー・ホワイトであった。ハリー・ホワイトは日本に対する最後通牒ハル・ノートを書いた張本人であると言われている。


田母神俊雄「日本は侵略国家であったのか」

ハルノートは最後通牒ではありませんし(ただ、日本側がそう考えたのは事実)、ホワイト(ちなみに首席補佐官ないし財務次官補であって財務次官ではないのですが、ひょっとして印象操作?)が書いたメモは部分的に取り入れられたに過ぎないのですけれども。

そもそも論としては、ハルノートの手前の段階で日米関係に決定的な亀裂をもたらしたのは仏印進駐、とりわけ南部仏印進駐です(仏印進駐後に屑鉄・石油は対日輸出禁止)。どうせ与太を飛ばすなら、仏印に進駐しても対米関係には深刻な影響は与えないなどと考えていた当時の軍部・外務省こそがゾルゲ経由でコミンテルンに動かされていた、ぐらいは言ってもらわないと。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 韓国・朝鮮, 台湾, 満州, 中国, 米国, 侵略, 植民地支配, 人口, 太平洋戦争, 田母神俊雄,

[ 2017/05/02 ] 韓国・朝鮮史

「西蔵の平和的解放の弁法に関する協定」と「韓国併合条約」

元記事作者様誰かの妄想



ま、どちらも強制されたもので似ているな、と。


「西蔵の平和的解放の弁法に関する協定」というのは、1951年5月にチベット代表団が北京で中国共産党政府と結んだ協定であり、締結にあたって人民解放軍の圧力があったことは想像に難くない。

この協定は、同年9月にラサのダライ・ラマ14世(当時16~17歳)によって、批准されている。


また、1950年10月の人民解放軍のチベット侵攻に際し、チベット政府は英米インドに支援を要請したが、英米は同情のみで具体的な支援は行わず、インドにいたっては「チベット問題は中国の内政問題」として取り合わなかった。


この辺は、ハーグに密使を送ったにも関わらず列強から支援を得られなかった大韓帝国皇帝を髣髴とさせる。


また、1910年の韓国併合条約締結にあたって、地方では義兵などの反日闘争が展開されたものの、ソウルでは日本軍の圧力により(当時、韓国軍は伊藤博文によって解散させられ、日本軍1個師団強が展開していた)平穏だったことも、1951年のチベットに似ている。


と、ここまで徒然に書いたのであまりまとまってないなあ・・・。ま、いいか。
関連記事

タグ: 中国, チベット, ダライ・ラマ14世, 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 侵略, 誰かの妄想,

[ 2012/07/20 ] 中国の民族問題

パンダはチベットの固有種ではないのです。

元記事作者様凶悪犯罪増加の誤解を解くページ



「パンダはチベットのものであり中国が簒奪した」という主張は事実でなかったようです。
パンダ問題について(続き)

いわゆる「大チベット」という概念は正しいか?

この件に関しては前にも三回も取り上げましたが、このデマだか間違いに関してはいつまでも終息しないようなので、また書きます。

別に私のこの主張は思想的なものは何もありません。
個人的には中国も中国共産党も嫌いですし、中国のチベット侵略は酷いと思います。
だからといって、いつまでも「パンダ簒奪」のような虚偽がチベット開放の旗頭になっているのはどうかと思うのです。
http://www.kodai-bunmei.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=176656
http://blog.zaq.ne.jp/yuzan/article/40/
http://www.china-news.co.jp/node/754
関連記事

タグ: チベット, 中国, パンダ, 動物, 大チベット, ペマ・ギャルポ, 凶悪犯罪増加の誤解を解くページ,

[ 2012/07/06 ] 中国の民族問題

「稲作」まで捏造している嫌韓厨・・・

元記事作者様統一教会の真実

※後半の引用箇所中の赤文字は「統一教会の真実」の管理人様によるウヨクの文章への反論。



     「稲作」まで捏造している嫌韓厨・・・(字余り)

最近、嫌韓論者が捏造した記事に「米の伝来ルート」に関するものがある。

以下

農学、植物学、生態学の分野では米の伝来ルートについては支那南部から直接伝来したという説が定説だったが、考古学、歴史学の分野では朝鮮半島経由という考え方が有力だった。

しかし、7,8年前からまず考古学の分野から変化が起き、次第に支那南部から直接伝来した説が有力になって、現在ではほぼすべての学界で定説になっている。


すべての学界ということは、ここであげられている農学、植物学、生態学、考古学、歴史学の全ての分野の事だろう。

その全ての学界で「稲作は中国南部から直接渡来した」と言う説が定説になった・・・と言うのだが、そんな事はない。

そういう説はあるが、稲作伝播のルートは複数考えられている。

静岡大学農学部の佐藤洋一郎教授は、『日本人のルーツがわかる本』(2008年、宝島社)のP76~92で、「熱帯ジャポニカ種は縄文時代に持ち込まれたが、やがて弥生人が朝鮮半島から渡来して温帯ジャポニカ種を持ち込んだ」・・・と現在の学界の有力説を説明している。

佐藤教授は、稲作のDNA研究の専門家である。

そして2008年の著作物である。
わずか4年前だ。

一体、どこが「定説だ」と言うのだろうか?

この文章がウソだらけなのは、最初から明らかである。

また支那の稲作研究界ではむしろ水稲種は日本から朝鮮半島に伝播したという説が有力になっている。


この文章を書いた人物は、中国を「支那」という戦前の軍の蔑視言葉で呼んでいる。
傲慢なレイシストである事は確かだ。

この流れが加速したのは主に2つの理由がある。

遺伝子工学の分野からの研究の成果、もう1つは支那政府機関が20年以上かけて満州で行った品種の調査だ。この2つが決定打になり朝鮮半島経由で米が伝来した可能性がなくなった。


すでに述べたがそれではなぜ、静岡大学農学部の佐藤洋一郎教授は「温帯ジャポニカは、朝鮮半島から弥生人が持ち込んだ」と述べているのだろうか?

「温帯ジャポニカは弥生時代頃に、水田耕作技術を持った人びとが、朝鮮半島のほうから日本列島に持ってきたものと考えられます。」
(『日本人のルーツがわかる本』 P84)

佐藤教授がこれを書いたのは、2008年頃である。

以下の バカげた論説をとりあえず書いておこう。
関連記事

タグ: 稲作, 考古学, 韓国・朝鮮, 中国, 嫌韓, ウヨクサイトへの反論, 統一教会の真実,

[ 2012/07/05 ] 嫌韓の怪情報

Record Chinaの印象操作

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



Record Chinaが次のような記事をあげています。

<レコチャ広場>中国人が南京大虐殺をどう歪曲しているのか、とくと見てみよう―中国

Record China 3月3日(土)13時18分配信

2012年3月2日、中国のジャーナリスト、王錦思(ワン・ジンスー)氏は「中国人が南京大虐殺をどのように歪曲しているのか、とくと見てみよう」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。以下はその内容。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000013-rcdc-cn


王錦思氏の許可をとって翻訳掲載しているとのことですが、王錦思氏自身は少なくとも2007年時点では日本語も英語もできない*1とのことでしたから、実際に日本語訳された内容を把握しているかは疑わしいと思います。

*1:http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200712061017444

というのも、Record Chinaの記事からは、まるで王錦思氏が南京事件を否定しているかのように読めるからです。

もちろんRecord Chinaの記事でも明示的に王錦思氏が南京事件を否定しているような発言はありませんが、全体として否定、ないし小虐殺支持のような印象になっています。

とりあえず、Record Chinaの記事と元のブログ記事の差分をピックアップしてみます。
関連記事

タグ: 南京大虐殺, 南京大虐殺否定論, 王錦思, 中国, 偏向報道, 企業戦略, レコードチャイナ, 誰かの妄想,

[ 2012/07/04 ] 南京大虐殺