Record Chinaの印象操作

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



Record Chinaが次のような記事をあげています。

<レコチャ広場>中国人が南京大虐殺をどう歪曲しているのか、とくと見てみよう―中国

Record China 3月3日(土)13時18分配信

2012年3月2日、中国のジャーナリスト、王錦思(ワン・ジンスー)氏は「中国人が南京大虐殺をどのように歪曲しているのか、とくと見てみよう」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。以下はその内容。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000013-rcdc-cn


王錦思氏の許可をとって翻訳掲載しているとのことですが、王錦思氏自身は少なくとも2007年時点では日本語も英語もできない*1とのことでしたから、実際に日本語訳された内容を把握しているかは疑わしいと思います。

*1:http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200712061017444

というのも、Record Chinaの記事からは、まるで王錦思氏が南京事件を否定しているかのように読めるからです。

もちろんRecord Chinaの記事でも明示的に王錦思氏が南京事件を否定しているような発言はありませんが、全体として否定、ないし小虐殺支持のような印象になっています。

とりあえず、Record Chinaの記事と元のブログ記事の差分をピックアップしてみます。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 南京大虐殺, 南京大虐殺否定論, 王錦思, 中国, 偏向報道, 企業戦略, レコードチャイナ, 誰かの妄想,

[ 2012/07/04 ] 南京大虐殺