いわゆる「大チベット」という概念は正しいか?

元記事作者様凶悪犯罪増加の誤解を解くページ



いわゆるパンダ議論では、一部のチベット人が主張する現代の中国の1/4にも及ぶ「大チベット領域」の観念が「100%正しい」という前提で主張されているものが多いと思います。

しかし、チベット人が現代、居住している全地域はそれこそ、インド、ネパール、ブータン(チベット人系国家ですが)、中国などにまたがっています。
にも関わらずチベット独立派の主張する「大チベット」の要求は中国国内に限られています。
これは正直、フェアでない気もします。
つまり、チベット独立派が「領土を取れる国は中国以外にない」と考えているからです。

ところでブータンという国家を調べていて面白い記述に気づきました。
1617年 - チベットによる第1回侵攻。
1634年 - チベットによる第2回侵攻。
1639年 - チベットによる第3回侵攻。
1644年 - チベット・モンゴル連合軍がブータンを攻撃。
1648年 - チベット・モンゴル連合軍がブータンを攻撃。

このように普通にチベットは軍事行動を起こし他の国に攻め込んでますね。
要するにチベットというのは平和国家でも争いを好まない神秘的な宗教国家でも何でもなくつくづく「普通の民族・国」だという事です。
要するに戦争や侵略もすれば領土紛争も起こす、嘘もつく普通の国なのです。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: チベット, 大チベット, チベット独立運動, 中国, ブータン, 侵略, パンダ, 凶悪犯罪増加の誤解を解くページ,

[ 2012/07/02 ] 中国の民族問題