「1910年の朝鮮人平均寿命26歳説」の謎

元記事作者様誰かの妄想・はてな版



内容はタイトル通りです。

嫌韓バカによって流布されている説の一つである、1910年の平均寿命26歳説だが、ネット上では諸説あって、24歳説や、20代説など混在している。

問題はそのソースなのだが、これがどうもはっきりしない。

歴史関連のデマ・不正確さには定評のあるwikipediaには以下のような記載があり、

衛生面では、朝鮮半島で流行していたコレラ、天然痘、ペストなどの伝染病の予防政策も行われて乳児死亡率は減少し、また農地の開発により食糧生産量も激増したことで、人口は、併合時(1910年)の調査では13,128,780人[44]だったものが1944年の調査では25,120,174人となり、平均寿命も併合時(1910年)24歳だったものが、1942年には45歳まで伸びた[45][46]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE


平均寿命関連の参考文献として、朝鮮総督府『統計年報』と黄文雄(笑)の『歪められた朝鮮総督府』があげられているのだが・・・。

実際に調べてみたが「統計年報」にも「歪められた朝鮮総督府」にも、1910年当時の平均寿命の記載は見当たらなかった。

つまり、ソース不明。

怪情報と言う他ない。

というわけで、ソースをご存知の方、ご一報いただければ幸いです。


ちなみに、日本人の平均寿命も30歳を超えたのは明治に入ってからなので、1910年当時の朝鮮人の平均寿命が20代であっても特に不思議ではないのだが、1910年の統計はかなり精度が低く平均寿命が計算できるようなものではないので、どうやって”26歳”という数字が出てきたかは不思議なのです。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 韓国・朝鮮, 韓国併合, 植民地支配, 平均寿命, 統計, 黄文雄, ウィキペディアのデマ, 誰かの妄想,

[ 2012/07/14 ] 韓国・朝鮮史

『朝鮮進駐軍』の話(1)~怪しげなプラカード~

元記事作者様安禅不必須山水



「武装警官隊」を「武装朝鮮人」というデマ
『朝鮮進駐軍』の話(1)~怪しげなプラカード~



去る5月5日、大阪駅前の梅田歩道橋で、怪しげなプラカードを掲げている50人ほどの男女を見た人がいる。「在特会」だという。youtubeでそれを見た人もいるという。


901182.jpg

901188.jpg


なんじゃ? 「朝鮮進駐軍」って??


901186.jpg

901187.jpg


おじさんが掲げる写真のように、
「完全武装の朝鮮人?」


初耳だなあ!


ようやく重い腰をあげ、彼らが勧めるように「Gooleで検索」してみた。

  • 朝鮮進駐軍の非道を忘れるな」

  • 【殺しまくり】朝鮮進駐軍【レイプしまくり】

  • 在日のタブー、朝鮮進駐軍/拡散用

  • ねぇ知ってたぁ? 戦後の朝鮮人、朝鮮進駐軍、戦勝国民のことを

  • 朝鮮進駐軍がやってきた:イザ!

  • 国民が知らない反日の実態 - 朝鮮進駐軍の正体


  • ほう私が知らないうちに、「凄いもの」がネットでは「発見」されてるんだねえ。

    しかし、ひとつひとつを読んでいくうちに内容が金太郎飴のように同じものであることを発見、コピペのしまくり。なにか、1個か2個のソースを皆で貼りまわしているようだ。

    むかしむかし、仙台駅の駅裏や電話ボックスのピンクちらしは有名だった。いまでは、こういうコピー貼りを『拡散』というらしい。わたしは此の2週間ばかり、ひまを見つけてはこの「朝鮮進駐軍」、しらべてみた。

    まず、拡散の元はなんだろう?

    1つは直ぐ分かった。wikipediaの「朝鮮進駐軍」らしい。wikipediaというのはインターネット百科事典、それならいくらかは信用おけるだろう。と思ったら、
    関連記事

    タグ: 「朝鮮進駐軍」, 在特会, 嫌韓, 拡散, 写真, 在日韓国・朝鮮人, ウィキペディアのデマ, 安禅不必須山水,

    日中戦争における中国側犠牲者数の考察

    元記事作者様誰かの妄想・はてな版



    こと歴史、特に近代史に関する限り、wikipediaが当てにならないのは今に始まったことではないのだが。

    反中バカが、中国人犠牲者数が年々増えている、と主張している根拠(らしきもの)がこれ。

    発表年 犠牲者数 調査・出典 補足

    終戦時 132万 GHQ調査・発表 国民革命軍のみ

    終戦時 132万 国民党政府調査・発表 国民革命軍のみ

    1948年 438万 国民党政府報告書 1948年までの確認数(【注意!】この時加算された犠牲者数の中には日中戦争終戦後に勃発した国共内戦などでの犠牲者数が含まれていることに注意)

    1950年代 1000万 共産党政権発表

    1970年 1800万 共産党政権発表

    1985年 2100万 共産党政権発表(抗日勝利40周年) これ以後 博物館や教科書で公式数字となる

    1998年 3500万 江沢民発表 江沢民氏の演説で発言後、南京大虐殺記念館での公式数字となる

    2005年 5000万 卞修躍博士発表(抗日勝利60周年)


    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E6%88%A6%E4%BA%89#.E4.B8.AD.E5.9B.BD.E5.8B.A2.E5.8A.9B.E3.81.AE.E7.8A.A0.E7.89.B2.E8.80.85.E6.95.B0


    まあ、132万人が「国民革命軍のみ」と書いてるだけまだ良心的と言えるかも知れない*1

    *1:例のFAQの連中は、それすら言及してなかったし。

    しかし、それ以外は、出典すら明らかでないものもあり、死者なのか死傷者なのか犠牲者なのかすら不明瞭という比較以前の問題というひどいものである。

    そこで、出典などをこちらで調べてみた。
    関連記事

    タグ: 日中戦争, 犠牲者数, 統計, 中国, 中国国民党, 中国共産党, ウィキペディアのデマ, 誰かの妄想,

    [ 2012/06/22 ] 戦争